"トピックス" の記事一覧 - 2ページ目

サプライヤーの巨人、ボッシュがもたらす2輪車の未来とは?

電動自転車にABSを搭載ドイツの大手サプライヤー、ボッシュは11月6日、イタリア・ミラノで11月7日に開幕する国際2輪車ショー「EICMA2017」の出展概要を発表した。2輪車は現在、世界的に需要が大きく高まっている。2021年までに2輪車の世界生産は1億6000万台を超えると予想されている。その需要に応えていくために、作り手側はより多くのことを実現していく必要が迫られている。そんななか、ボッシュでは将来の2輪車に向けた技術をアピールする。コネクティビティの分野では、インテリジェントに接続されたオンボードシステム「…

2017.11.08

トピックス

107台限定でアストンマーティンがプレミアムな自転車をリリース

770gの軽量フレーム採用アストンマーティンはこのほど、ドイツの高性能バイシクルブランド「ストークバイシクル」とのコラボレーションによって生み出されたロードバイク「ストークファシナリオ.3アストンマーティンエディション」を107台限定で発売すると発表した。ストークの創業者マーカス・ストークが手がけるロードバイクは、機能性を徹底的に追求していることで有名だ。そんな彼がアストンマーティンのビスポーク部門「QbyAstonMartin」とコラボレーションするによって誕生したのがこの限定モデル。この限定モデルについて、マー

2017.11.07

トピックス

kyosho00

レクサスの魅力をそのまま凝縮!

Lexus GS Fを精密に再現した1/18スケールのプレミアムなミニカーが登場!

実車の世界観までもを感じさせる「samurai」シリーズ本格的RC(ラジオコントロール)モデルや高品質なミニカーといったホビー製品の製造・販売を手掛けるトップメーカー・京商は、新旧の“日本の名車”をモチーフとしたレジン製…

2017.11.07

トピックス

Aston01

アストンマーティンでは世界最大級の販売拠点が東京にオープン!

ブランドの世界観を表現する「アストンマーティン青山ハウス」を併設アストンマーティンは、世界最大級のブランドセンター「アストンマーティン東京」を、11月1日に東京・青山にオープンしたことを発表した。同社初のグローバルブラン…

2017.11.06

トピックス

DSC_0054

五大元素にインスパイアされたアヴェンタドールSロードスターを初披露

ランボルギーニ日本上陸50周年記念「Lamborghini Day 2017」を東京で開催

 日本に初めて「ランボルギーニ400GT」が輸入されてから50周年を迎えたメモリアルイヤーイベント、「LamborghiniDay2017」が去る10月20日(金)に東京・港区芝公園の東京プリンスホテルを会場に開催された…
1031_BMW-M5-Mperformance-parts_01

早くも新型BMW M5のMパフォーマンスパーツが発表

空力性能をさらに高めるカーボンパーツを設定10月31日、BMWは同日に開幕したラスベガスのSEMAショーにて、新型BMWM5のMパフォーマンスパーツを初公開した。構成されるパーツは多岐にわたる。エクステリアではフロントお…

2017.11.02

トピックス

東京モーターショー2017【スズキ】

未来のクルマから市販化を予感させるモデルまで、「ワクワク」を感じさせる個性的なクルマが揃ったスズキ

『“ワクワク”を、誰でも、どこへでも』をテーマに、スズキが得意とする小さなクルマや2輪車、電動車いす、船外機など幅広いモデルが並んだスズキブーズ。注目はやはりモーターによる四輪独立駆動を採用したコンパクトSUV「e-SURVIVOR(イー・サバイバー)」だが、人気の軽ハイトワゴン・スペーシアのコンセプトモデルや、ハスラーのエクステリアデザインを連想させる小型クロスオーバーワゴン・XBEE(クロスビー)など、市販化を強く意識したモデルも多数出品。「スズキセーフティサポート」と名付けられた自動ブレーキや誤発進抑制機能な…

東京モーターショー2017【ホンダ 4輪】

EVでも「役立つ喜び」「操る喜び」を目指すホンダ

「カーボンフリー社会の実現」「車の電動化時代」に向け様々な技術や商品の開発に取組んでいるホンダは、ハイブリッドやプラグインハイブリッドの先にあるEVの未来を見据え、「HONDANeuV(ニューヴィー)」「HondaUrbanEVConcept(アーバン・イーブイ・コンセプト)」「HondaSportsEVConcept(スポーツ・イーブイ・コンセプト)」といった3台のEVコンセプトカーを会場ステージで発表。電動化に加え、AI技術の「HondaAutomatedNetworkAssistant」や自動運転技術によって…
DSC_2776+

東京モーターショー2017【ホンダ スーパーカブ】

累計、一億台。誕生60周年を迎えるホンダ・スーパーカブシリーズの次の一手は

おそばやさんの出前配達、新聞配達、はたまた郵便配達。国民的はたらくバイクの代名詞がホンダ・スーパーカブ。ギネス級の超ロングセラーモデルであるシリーズは2018年に誕生60周年を迎えることもあり、今秋のタイミングで大きな変…

2017.11.01

トピックス

DSC_0334

東京モーターショー2017【アルピナ】

アルピナマジックで誕生した、0→100㎞/h加速3.7秒のリアルスポーツ級ツーリングが日本初登場

 2017年度におけるアルピナの販売台数は、前年比で10%程度落ち込む見通しだという。そんな厳しい業績を口にする代表取締役社長のアンドレアス・ボーフェンジーベン氏は、意外にも晴れ晴れしい表情で語り続けた。 この販売台数の…
DSC_4575

東京モーターショー2017【ダイハツ】

ダイハツは小型車と軽自動車の市場に向けた近未来の方向性をより具体的に展開

 ダイハツは、DN(ダイハツ・ニューネス)をキーワードに、往年の名車のコンセプトを現代の技術で具現化したモデルを披露した。 イタリアンデザインで一時代を風靡した「コンパーノ」の現代版、働く軽自動車の代表にもなったオート3…
DSC_0450

東京モーターショー2017【スマート】

2030年にsmartがスマートであり続けるために練られた戦略は4つのケースの組み合わせ

 近い未来においても優位なポジションを目指すダイムラーグループが、その具体的な戦略として掲げているのが「CASE(ケース)」である。このCASEとは「コネクト(Connect)」「自動運転(Autonomousdrivi…