"LE VOLANT BOOST編集長 市原" の記事一覧

完璧すぎがタマニキズ?

【新車試乗記】絶妙のキャラ設定!アウディ新型「S4」の走りとは?

アウディの新型「A4」が日本に導入されてはや1年。街で目にする機会もずいぶん増えてきたように思うが、コイツの登場を待ちわびていた方も多いのではないだろうか。それが今年に入ってから本格的にデリバリーが始まった、高性能仕様の「S4」だ。カタチ以上に中身が変わったメルセデス・ベンツやBMWにも「AMG」や「M」という尖ったスポーツ仕様があるけれど、アウディが上手いのは「S」モデルにそこまでハードコアなチューニングを施していないところ。スペックを見れば明らかだが、メルセデスAMGC63は4.0リッターV8ツインターボで47…

【旅/ドライブ】YANASE presents

「この道、この旅。」~三重県・伊勢街道 編

美しい国を、愛しいクルマでFILE.08三重県伊勢街道 編全国のヤナセから試乗車を借り、ドライブに出かける本企画。いよいよ春本番、今年も本格的な旅行シーズンがやってきた。最近は全国に話題の観光スポットが続々と誕生しているが、だからこそ“旅行の原点”に立ち返ってみるのも悪くない。それが「お伊勢参り」。伊勢街道は、そのゴールデンルートだ。敬虔な信仰の旅は、道中の楽しみにも溢れて▲現代の伊勢街道は国道23号線、四日市市から伊勢神宮に至るおよそ70kmの道のり。途中通過するのは鈴鹿市、津市、松阪市など。なお、伊勢神宮には「…

2017.04.24

トピックス

Text : Naohide ICHIHARA (Editor in Chief) Photo : JAGUAR LAND ROVER JAPAN

ジャガー・ランドローバー雪上試乗会報告③

【新車試乗記】銀世界をオープンで!「レンジローバー・イヴォーク・コンバーチブル」を試す

走りにも唯一無二の個性がある最後に試したのは「レンジローバー・イヴォーク・コンバーチブル」。これは世にも珍しいオープンタイプのSUVで、同種の車は数年前まで日産が北米で販売していた「ムラーノ・クロスカブリオレ」くらいしか…
Text : Naohide ICHIHARA (Editor in Chief) Photo : JAGUAR LAND ROVER JAPAN

ジャガー・ランドローバー雪上試乗会報告②

【新車試乗記】初のSUVはどんなテイスト? ジャガー「Fペース」でスノーアタック!

レンジローバーとはまったく違う続いて試したのはジャガー「F-PACE(Fペース)」。サイズ的にはレンジローバーの「スポーツ」と「イヴォーク」のちょうど中間くらいで、パッと見どちらかのプラットフォームを縮めるか伸ばすかして…
Text : Naohide ICHIHARA (Editor in Chief) Photo : JAGUAR LAND ROVER JAPAN

ジャガー・ランドローバー雪上試乗会報告①

【新車試乗記】ランドローバー「レンジローバー」に雪上試乗!

オフロードでも乗り心地は秀逸!ジャガー・ランドローバー(以下JLR)の雪上試乗会に参加してきた。会場は豪雪地域として知られる長野県の斑尾高原。これまでJLRの雪上試乗といえばSUVのランドローバー車が対象だったが、今年は…
▲フラワーラインのハイライトといえるのが、「日本の道100選」にも選ばれている平砂浦海岸付近、伊戸〜相浜間のストレート。早春は菜の花、春はノースポール、夏にはマリーゴールドが沿道を彩り、目を楽しませてくれる。なお今回の試乗車はメルセデス・ベンツCLA180シューティングブレーク・スポーツで、車両本体価格は4,510,000円となる。



Text:Naohide ICHIHARA (Editor in Chief) Photo:Daijiro KORI

【旅/ドライブ】YANASE presents

「この道、この旅。」~千葉県・房総フラワーライン 編

美しい国を、愛しいクルマでFILE.07千葉県房総フラワーライン 編全国のヤナセから試乗車を借り、おすすめドライブコースを紹介する本企画。冬のイベントシーズンが終わり、そろそろ春が待ち遠しくなる頃。でも待っているだけじゃ…
  •  

今後セダンはすべてスポーツカーになる?

【デトロイトショー2017】日産「Vモーション2.0」から読み解くセダンの新潮流とは

モーターショーの華といえるコンセプトカーだが、それを製作するには1台数億円もかかるという。自動車メーカーの業績はどこも絶好調なのだが、とにもかくにも効率最優先のこの時代。営業サイドから「じゃ、それ作ったら何台売れるの?」とツッコミが入れば、開発も広報も論破するのは難しい。コンセプトカーの数がひと昔前に比べて激減しているのは、そんな事情も理由のひとつとして挙げられる。またリアルなコンセプトカーではなく、もっとバーチャルなプロモーションに力を入れつつあるという時代的背景もある。 Vモーショングリルをより強調そんな中、高…

2017.01.11

トピックス

実車のカッコよさが最大のサプライズ

【デトロイトショー2017】インフィニティ「QX50コンセプト」がワールドプレミア

1月9日午後2時。メジャーな自動車ブランドとしては最後となるプレスカンファレンスに臨んだインフィニティ。そこでは公約通り、ローランド・クルーガー社長によってSUV「QX50コンセプト」が初披露された。デザインだけでなくエンジンにも注目このコンセプトカーは、昨年4月の北京モーターショーで公開された「QXスポーツ・インスピレーション」をより現実に近づけた中型のSUV。現在インフィニティのSUVラインナップはメルセデス・ベンツGLAがベースのコンパクトな「QX30」、セダンのQ50(日本名:スカイライン)がベースの「QX…

2017.01.11

トピックス

Text & Photo:Naohide ICHIHARA (Editor in Chief)

ひとまわり大きくなって4人乗りが十分可能に

【デトロイトショー2017】メルセデス・ベンツ新型「Eクラス・クーペ」がワールドデビュー

昨年12月14日にフォトデビューを果たしたメルセデス・ベンツ新型「Eクラス・クーペ」。その世界初披露の場として選ばれたのが2017年のデトロイトショーだった。メルセデスは昨年もここデトロイトでEクラス・セダンをワールドプ…
Text & Photo:Naohide ICHIHARA (Editor in Chief)

あの「ワーゲンバス」がEVで復活!?

【デトロイトショー2017】VWが次世代ミニバンのコンセプト「I.D.BUZZ」を披露

同じワーゲンバスでも中身は完全に別物フォルクスワーゲン(VW)は昨年9月のパリモーターショーで発表した次世代電気自動車(EV)のコンセプトカー「I.D.(アイ・ディー)」の派生モデル、「I.D.BUZZ(アイ・ディー・バ…

2017.01.10

トピックス

Text & Photo:Naohide ICHIHARA (Editor in Chief)

完成度高し。ほぼこのまま2018年に市販か

【デトロイトショー2017】アウディが「Q8コンセプト」でフルサイズSUVの投入を宣言!

最高出力456馬力のプラグインハイブリッドデトロイトショー・プレスデイの幕が明けた1月9日。アウディは朝8:00からプレスカンファレンスをスタート、いつもモーターショーでホットな話題を提供してくれるアウディだけに、今回も…

2017.01.10

トピックス

Text & Photo:Naohide ICHIHARA (Editor in Chief)

まずは3.5リッターV6ツインターボで発進

【デトロイトショー2017】レクサス新型「LS」登場! スポーティに大胆チェンジ

自動的にステアリング切り衝突を回避する機能もデトロイトショーのプレスデイ初日、レクサスのプレスカンファレンスは朝8:30から始まった。フラッグシップセダンであるLSの新型が登場することは事前に発表されていたので、会場には…