"LE VOLANT BOOST編集長 市原" の記事一覧

ジャガー・ランドローバー雪上試乗会報告③

【新車試乗記】銀世界をオープンで!「レンジローバー・イヴォーク・コンバーチブル」を試す

走りにも唯一無二の個性がある最後に試したのは「レンジローバー・イヴォーク・コンバーチブル」。これは世にも珍しいオープンタイプのSUVで、同種の車は数年前まで日産が北米で販売していた「ムラーノ・クロスカブリオレ」くらいしか思いあたらない。日本での展開はモノグレードで、エンジンは240psの2.0リッター直列4気筒ターボ。グレードは上級の「HSEダイナミック」で、税込希望小売価格は765万円となる。イヴォークは前輪駆動(FF)ベースのオンデマンド4WDなので、システムの動作はジャガーFペースの真逆と考えればいい。つまり…

ジャガー・ランドローバー雪上試乗会報告②

【新車試乗記】初のSUVはどんなテイスト? ジャガー「Fペース」でスノーアタック!

レンジローバーとはまったく違う続いて試したのはジャガー「F-PACE(Fペース)」。サイズ的にはレンジローバーの「スポーツ」と「イヴォーク」のちょうど中間くらいで、パッと見どちらかのプラットフォームを縮めるか伸ばすかして作ったように思えるのだが、実はどちらも正しくない。Fペースはジャガーの「XF」や「Fタイプ」の兄弟車であり、つまりはFRベースのオンデマンド4WDシステムを持つ、生粋のジャガーブランド車ということになる。システムの概要はこうだ。基本前後トルク配分は10:90で、トルクのほとんどを後輪に伝達。また加速…
Text : Naohide ICHIHARA (Editor in Chief) Photo : JAGUAR LAND ROVER JAPAN

ジャガー・ランドローバー雪上試乗会報告①

【新車試乗記】ランドローバー「レンジローバー」に雪上試乗!

オフロードでも乗り心地は秀逸!ジャガー・ランドローバー(以下JLR)の雪上試乗会に参加してきた。会場は豪雪地域として知られる長野県の斑尾高原。これまでJLRの雪上試乗といえばSUVのランドローバー車が対象だったが、今年は…
▲フラワーラインのハイライトといえるのが、「日本の道100選」にも選ばれている平砂浦海岸付近、伊戸〜相浜間のストレート。早春は菜の花、春はノースポール、夏にはマリーゴールドが沿道を彩り、目を楽しませてくれる。なお今回の試乗車はメルセデス・ベンツCLA180シューティングブレーク・スポーツで、車両本体価格は4,510,000円となる。



Text:Naohide ICHIHARA (Editor in Chief) Photo:Daijiro KORI

【旅/ドライブ】YANASE presents

「この道、この旅。」~千葉県・房総フラワーライン 編

美しい国を、愛しいクルマでFILE.07千葉県房総フラワーライン 編全国のヤナセから試乗車を借り、おすすめドライブコースを紹介する本企画。冬のイベントシーズンが終わり、そろそろ春が待ち遠しくなる頃。でも待っているだけじゃ…
Text & Photo:Naohide ICHIHARA (Editor in Chief

今後セダンはすべてスポーツカーになる?

【デトロイトショー2017】日産「Vモーション2.0」から読み解くセダンの新潮流とは

モーターショーの華といえるコンセプトカーだが、それを製作するには1台数億円もかかるという。自動車メーカーの業績はどこも絶好調なのだが、とにもかくにも効率最優先のこの時代。営業サイドから「じゃ、それ作ったら何台売れるの?」…

2017.01.11

トピックス

Text & Photo:Naohide ICHIHARA (Editor in Chief

実車のカッコよさが最大のサプライズ

【デトロイトショー2017】インフィニティ「QX50コンセプト」がワールドプレミア

1月9日午後2時。メジャーな自動車ブランドとしては最後となるプレスカンファレンスに臨んだインフィニティ。そこでは公約通り、ローランド・クルーガー社長によってSUV「QX50コンセプト」が初披露された。デザインだけでなくエ…

2017.01.11

トピックス

  •  

ひとまわり大きくなって4人乗りが十分可能に

【デトロイトショー2017】メルセデス・ベンツ新型「Eクラス・クーペ」がワールドデビュー

昨年12月14日にフォトデビューを果たしたメルセデス・ベンツ新型「Eクラス・クーペ」。その世界初披露の場として選ばれたのが2017年のデトロイトショーだった。メルセデスは昨年もここデトロイトでEクラス・セダンをワールドプレミアしたから、2年連続でEクラスのニューモデルを持ち込んだことになる。トップグレードは3.0LV6ターボのE400実車は先代モデルからひとまわり大きくなったボディに、SクラスやCクラスのクーペと共通するクリーンなスタイリングを纏い、とてもエレガントな印象。それにはセンターピーラーのない伸びやかなウ…

あの「ワーゲンバス」がEVで復活!?

【デトロイトショー2017】VWが次世代ミニバンのコンセプト「I.D.BUZZ」を披露

同じワーゲンバスでも中身は完全に別物フォルクスワーゲン(VW)は昨年9月のパリモーターショーで発表した次世代電気自動車(EV)のコンセプトカー「I.D.(アイ・ディー)」の派生モデル、「I.D.BUZZ(アイ・ディー・バズ)」をワールドプレミアした。I.D.はいわばゴルフのEV版とも呼べる5ドアハッチバックだったが、こちらは背の高いミニバン的ボディを持つ。VWは昨年もCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)で同様のコンセプトカー「BUDD-e」を公開しており、2年連続の出展はVWの力の入れようの現れともい…

2017.01.10

トピックス

Text & Photo:Naohide ICHIHARA (Editor in Chief)

完成度高し。ほぼこのまま2018年に市販か

【デトロイトショー2017】アウディが「Q8コンセプト」でフルサイズSUVの投入を宣言!

最高出力456馬力のプラグインハイブリッドデトロイトショー・プレスデイの幕が明けた1月9日。アウディは朝8:00からプレスカンファレンスをスタート、いつもモーターショーでホットな話題を提供してくれるアウディだけに、今回も…

2017.01.10

トピックス

Text & Photo:Naohide ICHIHARA (Editor in Chief)

まずは3.5リッターV6ツインターボで発進

【デトロイトショー2017】レクサス新型「LS」登場! スポーティに大胆チェンジ

自動的にステアリング切り衝突を回避する機能もデトロイトショーのプレスデイ初日、レクサスのプレスカンファレンスは朝8:30から始まった。フラッグシップセダンであるLSの新型が登場することは事前に発表されていたので、会場には…
Text & Photo:Naohide ICHIHARA (Editor in Chief) 

よりワイルドに、SUVらしくマイナーチェンジ

【デトロイトショー2017】メルセデス・ベンツが新型「GLA」を世界初披露

デトロイトショーの開幕を翌日に控えた8日夜、ダイムラーは例年通りプレス向けに前夜祭を開催。市内のホテルで行われるこのナイトパーティーはもはや恒例行事になっており、ショーが開幕する1日前に限られた報道陣向けに新型車が世界初…
Report & Photo : Naohide ICHIHARA (Editor in Chief)

【新車試乗記】こりゃホントにスポーツカーだ! ジャガー新型「Fペース」に試乗

今後クルマの基本はSUVに?日本では相変わらずミニバンが人気だけれど、広く世界を見渡すならば、とにもかくにもSUVだ。長年親しまれたハッチバック、セダン、ミニバンという、各ジャンルのクルマが持つ機能性はそのままに、安心感…