2017/05/09 19:50

サーキット向け新グレードも

BMW「新型M3」「新型M4」がデビュー!

Text:Shintaro TOGAWA Photo:BMW JAPAN

ビー・エム・ダブリューは、高性能セダン「M3」と高性能クーペ「M4」を一新し、全国のBMW正規ディーラーにて5月9日より販売を開始した。また新型モデルの発表に合わせてラインナップを拡充。BMW「M3コンペティション」並びにBMW「M4コンペティション」を追加した。

 

エンジン出力は19馬力向上

 

BMW M3は、サーキットなどスポーツ走行時の圧倒的な運動性能の高さと、日常生活での乗用車としての高い実用性を併せ持ち、1986年の初代モデル登場以来、長年に渡り高性能スポーツカーのベンチマークとされてきたモデル。現在は通算5世代目となるが、現行モデルからクーペが「4シリーズ」として独立。従来の「M3クーペ」の後継モデルとして、現在は「M4」が販売されている。

 

P90244956_highRes_bmw-m4-coup-01-2017

 

今回のモデルチェンジで注目すべき点は、フロントデザインではデイタイムランニングライト機能付き新世代ヘキサゴナルデザインのアダプティブLEDヘッドライト。リアデザインにおいてはLEDテールライト(M3では採用済)、そしてブラックカラーの19インチアロイホイールの採用だろう。特にホイールは足元を一層引き締め、精悍で強い存在感を醸し出している。

 

インテリアでは、上質な音色を奏でるharman/kardonサラウンドサウンドシステムに加え、カーボンファイバートリムを標準装備。ドライビングの楽しみをより高めた。

 

さらに今回のマイナーチェンジでは、サーキット走行における卓越したダイナミズムを追求した「M3コンペティション」「M4コンペティション」が追加された。伝統の直列6気筒エンジンは3.0リッターのツインターボで、最高出力は標準モデルより19psのアップとなる450psにまで向上、0-100km/h加速(ヨーロッパ仕様車値)4.0秒の圧倒的な動力性能を実現する。

 

またエンジンパフォーマンスの向上に対応し、ダンパーおよびスタビライザーは専用特性を持つ「アダプティブMサスペンション」に、電子制御式多板クラッチによってパワーを左右のリアホイール間で自在に配分する「アクティブMデファレンシャル」にも専用のチューニングが施され、トラクション性能を一層向上させている。

 

また「Mスポーツエキゾーストシステム」が聴覚に訴えかけるパワフルかつ官能的なエンジンサウンドを奏でるとともに、20インチの鍛造「Mライトアロイホイール・スタースポークスタイリング666M」、ハイグロスブラック仕上げのキドニーグリル、ブラッククローム仕上げのデュアルエキゾーストテールパイプといった専用エクステリアがボディを引き締める。インテリアではハードなコーナリングでもドライバーをしっかりサポートする、専用Mスポーツシートを装備する。メーカー希望小売価格は以下の通りだ。

 

BMW M3 ラインナップ

BMW M3(7速M DCT):¥ 11,850,000

BMW M3 Competition(7速M DCT):¥ 12,560,000

 

BMW M4 ラインナップ

BMW M4(6速MT):¥ 11,570,000

BMW M4(7速M DCT):¥ 12,080,000

BMW M4 Competition(7速M DCT):¥ 12,790,000

 

※価格はすべて税込

 

 

【関連記事】

BMWの新型5シリーズツーリングが発売

「BMWモータースポーツ・フェスティバル2017」が開催

BMW6シリーズ・グランツーリスモが発表

Text:Shintaro TOGAWA Photo:BMW JAPAN

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •