"経済/ビジネス" の記事一覧 - 7ページ目

ボルボが「自動運転」「安全」「電動」分野で大量400人の人員を募集

ソフトウエア開発をさらに強化 ボルボ・カーズは、次世代の安全技術および自律走行や電動化技術の開発に携わるエンジニアを、新たに400名ほど募集する計画を発表した。一度に400名にのぼる人員の募集は、同社89年に渡る歴史の中で、初の試みになるという。 今後、約1年間に渡りおよそ400名を募集するエンジニアは、上記分野におけるソフトウエア開発を中心に担当する予定。入社後は、ボルボが本拠地を構えるスウェーデン・ヨーテボリのR&D本部に勤務することになる。 ボルボは8月初旬に、次世代の自律走行車の開発に向けて米国のラ…

どうせなら気持ちよく買いたい! 日本の自動車セールス満足度、2016年はレクサスとMINIがトップ

ただし業界平均スコアは昨年より低下 J.D.パワーは、2016年日本自動車セールス満足度調査の結果を発表。ラグジュアリーブランドセグメントではレクサスが、量販ブランドセグメントはMINIが、それぞれトップスコアをマークした。 今年で15回目を数えるこの調査は、新車購入時の販売店の対応に関する顧客の総合的な評価を、セールス担当者、契約・価格、店舗施設、納車という4つの要素に基づいて算出。これらの要素における複数の詳細事項に対する評価をもとに総合満足度(1000点満点)をはじき出しているもの。 調査の対象は、新車購入後…
Text:Hidemitsu HOSHIGA Photo:DAIMLER AG

一回の充電で400km! メルセデス・ベンツBクラスベースの中国製EV「デンツァ400」の生産が開始

これが売れればPM2.5の飛来も減少!? 8月23日、ダイムラーは電気自動車の分野では中国初となる中国とドイツの合弁会社「BYDダイムラー新技術有限公社(BDNT)」から、新型電気自動車の「デンツァ400」を発表した。こ…
Text:Yasushi HOSODA Photo:VOLVO CAR JAPAN

トヨタに続きボルボも! 自動運転分野で米配車サービス「ウーバー」との提携を発表

両社合わせて約300億円を投資 ボルボは8月18日、スマートフォンのアプリを利用した配車サービスを手掛けるアメリカのウーバーと提携し、次世代の自律走行車を共同開発することを発表した。 両社合わせて3億ドル(約300億円)…
Text:Hidemitsu HOSHIGA Photo:PORSCHE JAPAN

なんと12年連続! ポルシェがJ.D.パワーの「魅力度調査」でまたしても総合首位を獲得

クラス別では911、ボクスター、マカンも1位に 8月4日、ポルシェは米マーケティング調査機関J.D.パワー社による今年の「自動車商品魅力度調査」において、総合首位を獲得したことを発表した。調査は33メーカーの245モデル…
Text:Yasushi HOSODA Photo:AUDI AG

そろそろ新型も? アウディQ5が登場8年で生産100万台を達成!

中国やインドを合わせると累計160万台を販売 アウディは8月上旬、ドイツ・インゴルシュタット本社工場で、ちょうど100万台目となるQ5をラインオフしたことを発表した。100万台目のQ5は、セパンブルーに塗られたSQ5で、…
  •  

どこで、何が売れた? 2016年上半期のレクサス世界販売が過去最高を更新!

約31.9万台で3年連続過去最高 トヨタ自動車は8月9日、レクサス・ブランドの2016年上半期における全世界販売実績を発表した。主要地域別の販売実績は下記の通り。北米:約16.2万台(前年比96%)中国:約4.7万台(前年比126%)※香港含む欧州:約3.6万台(前年比116%)日本:約2.8万台(前年比126%)中近東:約2.2万台(前年比99%)東アジア:約1.2万台(前年比119%)※台湾含む 2016年上半期の全世界販売実績は、前年同期比で105%となる約31.9万台を記録。2015年後半に投入した新型ES

488が絶好調! フェラーリが第2四半期の決算を発表

中国と欧州/中東/アフリカで伸張 8月2日、フェラーリは2016年第2四半期の決算を発表。それによると前年同期比で出荷台数は155台増(8%増)、収益は5.9%増の8億1100万ユーロ(約916億円)となり、調整後純益は35%増の1億400万ユーロ(約118億円)を達成した。高実績には488GTBと488スパイダーの貢献が大きく、V8モデルは16%増を記録した反面、FFが生産を終了、F12ベルリネッタがデビューから5年目に突入した12気筒モデルは戦力の低下が著しく、22%減となったとのことだ。 地域別の出荷台数では
Text:Yasushi HOSODA Photo:LAMBORGHINI JAPAN

今年は日本が2位に浮上!? ランボルギーニの2016年上半期の販売台数が新記録を更新

ウラカン・シリーズが販売を牽引 アウトモビリ・ランボルギーニは、全世界における2016年上半期の新車デリバリー台数が、同社史上初となる2013台を記録したと発表した。特に2016年6月期は416台にのぼり、同社史上最大の…
Text:Hidemitsu HOSHIGA Photo:DAIMLER AG

ハイブリッドにEV、燃料電池も! メルセデス・ベンツの次世代パワートレイン戦略が発表

48V電装とスターター/ジェネレーターの順次標準化も 6月13日、ダイムラーは今後2年間で“グリーン”技術に70億ユーロ(約8350億円)を投資すると発表した。これにより、スマートは内燃機関とバッテリーの両方を動力源とす…