"pr" の記事一覧

【旅/ドライブ】YANASE presents

「この道、この旅。」~群馬県つまごいパノラマライン編

美しい国を、愛しいクルマでFILE.11 群馬県つまごいパノラマライン 編全国のヤナセから試乗車を借り、ドライブに出かける本企画。今回、秋のドライブスポットとして提案するのは、群馬県の嬬恋村をほぼ一周するつまごいパノラマライン。実はこの道、正式には広域農道に分類され、トラクターがドコドコ走る幹線道路。「なぜ農道が人気ドライブスポット?」と思われるかもしれないが、答えはシンプル。とにかく走ると楽しいコースなのだ!純粋に運転が楽しめる、贅沢なカントリーロード澄んだ空、美しい紅葉、季節料理……。日本各地のドライブスポット…

【旅/ドライブ】YANASE presents

「この道、この旅。」~国道101号(大間越街道)編

美しい国を、愛しいクルマでFILE.10 国道101号(大間越街道) 編全国のヤナセから試乗車を借り、ドライブに出かける本企画。今回は晩夏〜初秋のドライビングスポットとして青森県の西海岸をご提案。日本海沿いを走る国道101号を下る旅だが、オススメしたい時間帯はズバリ夕方!クルマを南に走らせれば、暁色に染まる空を長い時間見てられるし、夕景スポットも盛りだくさん。タイミングさえ合えば、ローカル線と並走できるかも……。そんな夢とロマン溢れる、シーサイドラインを旅してみたい。ローカル線と走る、夕暮れのシーサイドライン▲秋田…
【旅/ドライブ】YANASE presents
「この道、この旅。」~沖縄県 “ごっぱち” 編

【旅/ドライブ】YANASE presents

「この道、この旅。」~沖縄県 “ごっぱち” 編

美しい国を、愛しいクルマでFILE.09沖縄県 “ごっぱち” 編全国のヤナセから試乗車を借り、おすすめドライブコースを紹介する本企画。今回はついに沖縄へ上陸!メインストリートの国道58号線を旅してみた。沖縄本島の大動脈と…
Text:Hidemitsu HOSHIGA Photo:Yoshitaka KASHIWADA

5月27~28日「ル・ボラン カーズ・ミート2017 」

横浜・赤レンガ倉庫で展示中!ブリヂストンはなぜ「ワールドソーラーチャレンジ」を応援するのか?[PR]

広大なオーストラリアの北から南まで、3000kmを5日間で走破するブリヂストンワールドソーラーチャレンジは、そのスケールからもわかる通り、文句なく世界最高峰のソーラーカーレースだ。この過酷な旅に、ブリヂストンはなぜ協賛す…
Text:Hidemitsu HOSHIGA Photo:Yoshitaka KASHIWADA

5月27~28日「ル・ボラン カーズ・ミート2017 」

横浜・赤レンガ倉庫で展示中!「ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」への意気込みを東海大学チームに聞く [PR]

ただ勝つだけじゃなく、美しく勝つ!2017ブリヂストンワールドソーラーチャレンジを最速で駆け抜けるチャレンジャークラスで優勝を目指す、東海大学ソーラーカーチーム。ドライバーを務める3年生の喜多洸介さんは、今回が2回目の挑…
▲内宮の参道、「おはらい町」でのワンショット。レトロな商家と石畳が織りなす風景は見事のひと言だが、日中は曜日を問わず参拝客で賑わっている。撮影は早朝に行なったが、ここは徒歩でゆったりと散策を。今回の試乗車はメルセデス・ベンツGLS350d 4マチック・スポーツで、車両本体価格は11,900,000円。

Text:Naohide ICHIHARA (Editor in Chief) Photo:Daijiro KORI

【旅/ドライブ】YANASE presents

「この道、この旅。」~三重県・伊勢街道 編

美しい国を、愛しいクルマでFILE.08三重県伊勢街道 編全国のヤナセから試乗車を借り、ドライブに出かける本企画。いよいよ春本番、今年も本格的な旅行シーズンがやってきた。最近は全国に話題の観光スポットが続々と誕生している…

【旅/ドライブ】YANASE presents

「この道、この旅。」~千葉県・房総フラワーライン 編

美しい国を、愛しいクルマでFILE.07千葉県房総フラワーライン 編全国のヤナセから試乗車を借り、おすすめドライブコースを紹介する本企画。冬のイベントシーズンが終わり、そろそろ春が待ち遠しくなる頃。でも待っているだけじゃつまらない……というわけで、今回は春を先取りしに房総半島の最南端までひとっ走り。都心から3時間ほどドライブするだけで、そこにはもう春の香りがいっぱいに満ちている。クルマで行ける南の国は、これからがちょうど見頃▲館山市中心部から南房総市和田町まで、千葉県の最南端をぐるりと巡る「房総フラワーライン」。現…

マルチカメラによる俯瞰のビジュアルで安全な駐車をサポート

フォルクスワーゲンの新オプション「Surround Eye Camera System」に迫る![PR]

4つの小型カメラと画像合成ECUという比較的シンプルなシステムを追加して、標準搭載モニターで自車周辺の状況を多彩な映像で確認できる「SurroundEye」。フォルクスワーゲンの日本仕様モデル用に開発されたこの駐車支援システムに迫る。駐車する際のうっかりを防ぐ効果的な純正オプションとは?フォルクスワーゲンの純正オプションである「SurroundEye(サラウンドアイ)」は、電装機器メーカー「クラリオン」との共同開発による、ポロやゴルフ、トゥーラン、シャランといった現行モデル(一部を除く)に対応した駐車支援システムだ…

2017.01.26

トピックス

Text:Takayuki AIZAWA  Photo:Yoshitaka KASHIWADA

【オーナーインタビュー】フォルクスワーゲン「パサート」のどこがお気に入りですか?[PR]

「とにかく運転がラクなところがいいですね」大坪雅敏さんフォーマルな印象のセダンがデザイン的にも好き2016年式のTSIハイラインに乗る大坪さんは、何とパサートを5台も乗り継いでいるオーナーだ。自ら経営するバイクショップま…
Text:Masamichi ISHII Photo:Yoshitaka KASHIWADA

【比較試乗記】際立つ巧みなパッケージング! フォルクスワーゲン「パサート」のストロングポイントは?[PR]

クオリティの高さがパサートの魅力のひとつドイツ本国をはじめ、フランス、イタリア、イギリス、アメリカ、そして日本など、強豪がひしめき合うミドルサルーン市場。ここではドイツ・プレミアム勢2ブランドの代表格であるメルセデス・ベ…
Text:Yasuhisa SHIMASHITA Photo:Yoshitaka KASHIWADA

【新車試乗記】フォルクスワーゲン新型「パサート」デビュー! 追加グレードの設定で商品力が大幅アップ[PR]

充実装備が売りのエレガンスラインを投入華やかさや派手さはないものの、ドイツらしい質実剛健さを地でいく造りが魅力のフォルクスワーゲン・パサートが、8代目となって初の大幅改良を受けた。今回の最大の目玉は、グレードの見直しや装…
▲下蒲刈島の三ノ瀬、蘭島閣美術館前にて。総ヒノキ造りの同館は近年の建築だが、付近には江戸時代の日本家屋を移築/復元した資料館や博物館もあり、美しい町並みを形作っている。なお今回の試乗車はメルセデス・ベンツG350dで、車両本体価格は10,800,000 円。
Text:Naohide ICHIHARA (Editor in Chief) Photo:Daijiro KORI

【旅/ドライブ】YANASE presents

「この道、この旅。」~広島県・安芸灘とびしま海道 編

美しい国を、愛しいクルマでFILE.06広島県安芸灘とびしま海道 編全国のヤナセから試乗車を借り、おすすめドライブコースを紹介する本企画。今回スポットをあてるのは「街道」ではなく「海道」。瀬戸内海に浮かぶ5つの島を、7つ…