"日産" の記事一覧

ポイントは自動運転のレベル?

新型ニッサン・リーフ、テスラ・モデル3に対する勝算は?

航続距離は400kmに向上日産自動車は9月6日、フルモデルチェンジを受けて2代目となった新型「日産リーフ」を発表した。グレードおよび税込車両価格は以下のとおり。・リーフS:315万360円・リーフX:351万3240円・リーフG:399万600円ボディサイズは全長4480×全幅1790×1540mmで、ホイールベースは2700mm。先代より少しロー&ワイドになった。外観デザインは、スリークなシルエットとクールで先進的な表現が、EVらしい爽快な走りを予感させるもの。日産のデザインランゲージであるブーメラン型の…

2017.09.07

ニューモデル

【スクープ】

日産「GT-R」次期型は700馬力超のハイブリッド搭載モンスター、ハイパーマシンとなるか!?

スカイライン誕生60周年を迎え、GT-Rの活躍を振り返ることが多い2017年だが、期待の次期型GT-Rの情報を入手。それは700馬力のハイブリッド搭載というものだった。日産最新の3.0リッターV6ツインターボのVR30型エンジンに「R-ハイブリッド」を組み合わせ、最高出力700ps超を達成するという。2014年に公開された「2020ビジョンGTグランツーリスモ」からインスピレーションを得たというデザインは、ヘッドライトはフェラーリ・458イタリアを彷彿とさせ、フェンダーのエアブリーザー、フロントエアスプリッター付き

2017.08.22

ニューモデル

Courtesy of Apollo News Service

【スクープ】

「フェアレディZ」の兄弟車として三菱「GTO」が復活する!?

日産の傘下に入った三菱自動車だが、まさかその影響こんなところに出てくるとは、全く予想をしていなかった訳ではないが、現実のものとなるかもしれないと思うと、何やらソワソワする。角ばった独特のファストバックスタイルで、北米をは…

2017.08.21

ニューモデル

こっちも欲しくありませんか?
日本とは別モノの欧州版マーチでカスタマイズが人気

こっちも欲しくありませんか?

日本とは別モノの欧州版マーチでカスタマイズが人気

4人に1人がカスタムを希望日産ヨーロッパはこのほど、欧州で販売されている新型マイクラのパーソナライゼーションプログラムが予想以上に好評を得ていることを発表した。欧州で発売されているマイクラは、2016年のパリ・モーターシ…

2017.08.19

トピックス

Courtesy of Apollo News Service

【スクープ】

これが次期型の新型リーフだ! デザイン、航続距離、パワーも大幅アップ!!

日産の電気自動車リーフの次期型プロトタイプがスクープされた。しかもカモフラージュが軽く、そのデザインの一部は露わになっている。まずは気になるデザイン面だが、フロントからリヤへと見てみれば、Vモーショングリル、鋭く釣り上が…

2017.07.19

ニューモデル

unnamed

もはやクルマに見えない?

インフィニティが近未来のル・マン用プロトを発表

自動操縦モードを備えた未来のレーシングカーのカタチ未来の自動車デザインを募る「ミシュラン・チャレンジ・デザイン」が開催された。今年のテーマは、”2030年のル・マン24時間レース参戦マシン”を考案…
  •  

こう見えて……

シボレー・カマロZL1 1LEがニュルで自己ベスト

7分16秒04を記録 ゼネラルモーターズはこのほど、シボレー・カマロのハイパフォーマンス版「カマロZL11LE」の2018年モデルが、ニュルブルクリンク北コースのラップタイムにおけるこれまでのベストタイムを更新し、7分16秒04を記録したことを発表した。このタイムは、昨年計測したカマロZL1(10速AT車)よりも13秒56速い。ベストタイムの更新には、サーキットトラックでのパフォーマンスが追求されたサスペンションやグッドイヤーのタイヤが大きく貢献したという。At7:16.04,the2018ChevroletCam…

2017.06.27

トピックス

全モデルを写真で振り返る

誕生60周年を迎えるスカイライン(スカイラインGT-R編)

日産スカイラインが、2017年で生誕60周年を迎えた。初代スカイラインは、1957年4月24日、長い道のりを気持ちよく走るグランドツーリングの歓びを高次元で体験できるクルマとして誕生した。以来、その価値は、それぞれの時代の、最先端の技術を搭載した歴代(12代)のスカイラインによって、常に新しい世代へと受け継がれてきた。そこで当サイトでは、5回に分けて歴代スカイラインを写真を中心に振り返った。今回は番外編として、その5回で触れなかったGT-Rについてまとめた。初代:前期PGC10型(1969年-1970年)・後期KP…

2017.06.12

トピックス, 国内

0608_Nissan-Note-Sales_03

発売から7か月で10万台達成

現行ニッサン・ノートが絶好調!

6月6日、日産自動車は2016年11月2日にマイナーチェンジを発表した新型「ノート」の販売台数が、発売から7カ月の累計で10万台を突破したことを発表。合わせて、新型ノートがコンパクトセグメントで7カ月連続で販売台数1位を…

2017.06.09

トピックス

観戦者と同乗者をモニター

サッカーとGT-R、どっちがドキドキする?

日産ヨーロッパではこのほど、あるユニークな実験を行なった。それはUEFAチャンピオンズリーズを観戦するときと、プロドライバーがベルギーのサーキット「スパ・フランコルシャン」で全開走行する日産GT-Rの助手席を体験した場合…

2017.06.07

トピックス, 海外

Amazing is worth waiting for. The New #Nissan #LEAF, coming soon

まだ「目」だけですが…

ニッサン・リーフの次期モデルがまもなく発表?

日産USA及び日産ヨーロッパは5月18日、「日産リーフ」のフルモデルチェンジを予告。ティザー画像として次期型のヘッドライト部分のカット公表した。2代目のデビューは2017年末※現行型・日産リーフ日産リーフは、次世代の環境…

2017.05.19

トピックス

Text:Yasushi HOSODA  Photo:NISSAN MOTOR CO., LTD

歴代モデルが土俵を回る!

日産が大相撲五月場所に「スカイライン」の懸賞幕を掲出

5月9日、日産自動車は「スカイライン」が4月24日に生誕60周年を迎えたことを記念して、5月14日〜28日に開催される大相撲五月場所へ、「スカイライン歴代モデル懸賞幕」を掲出すると発表した。大相撲への懸賞幕掲出は、日産と…

2017.05.10

トピックス