"日産" の記事一覧

東京モーターショー2017【日産】

日産自動車のクロスオーバーEVコンセプト「IMx」は航続可能距離600km!! 700NmでGT-Rを超える

完成車検査の一部を無資格者が行っていた問題で、ダニエレ・スキラッチ副社長の謝罪から幕を開けた日産自動車のプレスカンファレンス。しかし、ブースはEVを中心とした最新技術の見本市といったところで、世界初公開されたクロスオーバーEVコンセプトの「NISSANIMx」を中心に、新型リーフの「LEAFNISMOConcept」、「セレナe-POWER」といった初公開モデルが脇を固め、強みである電動化技術を全面的に押し出している。NISSAN_IMx 202…

最高速度は200㎞/hをオーバー

ゲーム用コントローラーでGT-Rがサーキットを走る!

211kmの最高速を無線遠隔操作で実現日産ヨーロッパはこのほど、英国シルバーストーンサーキットを舞台に、GT-Rを使ったユニークな走行を実現した。それは、ゲーム用コントローラーで、GT-Rのサーキット走行を無線遠隔操作するというものだ。この試みは、日産がプレイステーションの人気ゲーム「グランツーリスモ」に参加してから20周年を記念した企画で、同ゲームの最新版「グランツーリスモSPORT」の発売を機に行なわれた。同ゲームに使われる「デュアルショック4」コントローラーで、実車のGT-Rを操るわけだが、コントローラーを握…

2017.10.13

トピックス

15年の時を経て復活か!?
新型、日産「シルビア」のコンセプトモデルがお披露目に!?

【スクープ】

15年の時を経て復活か!? 新型、日産「シルビア」のコンセプトモデルがお披露目に!?

1965年、宝石で施されるカットのような美しい「クリスプカット」と呼ばれたスタイリングの初代や、デートカーとして人気を博した3代目以降など、日産「シルビア」といえば、どの時代においてもその時代の若者の心を振るわせるクルマ…

2017.10.05

ニューモデル

【スクープ】
トヨタ「C-HR」を超える燃費と加速も!? 次期型の日産「ジューク」の詳細がわかってきた!

【スクープ】

トヨタ「C-HR」を超える燃費と加速も!? 次期型の日産「ジューク」の詳細がわかってきた!

国内のみならず北米や欧州でも人気のある日産「ジューク」の次期型情報が入ってきた。予想CGを見ると2015年の東京モーターショーで注目された「グリップスコンセプト」をベースにしたエクステリアが見て取れる。プラットフォームに…

2017.09.23

ニューモデル

ポイントは自動運転のレベル?
新型ニッサン・リーフ、テスラ・モデル3に対する勝算は?

ポイントは自動運転のレベル?

新型ニッサン・リーフ、テスラ・モデル3に対する勝算は?

航続距離は400kmに向上日産自動車は9月6日、フルモデルチェンジを受けて2代目となった新型「日産リーフ」を発表した。グレードおよび税込車両価格は以下のとおり。・リーフS:315万360円・リーフX:351万3240円・…

2017.09.07

ニューモデル

日産「GT-R」次期型は700馬力超のハイブリッド搭載モンスター、ハイパーマシンとなるか!?

【スクープ】

日産「GT-R」次期型は700馬力超のハイブリッド搭載モンスター、ハイパーマシンとなるか!?

スカイライン誕生60周年を迎え、GT-Rの活躍を振り返ることが多い2017年だが、期待の次期型GT-Rの情報を入手。それは700馬力のハイブリッド搭載というものだった。日産最新の3.0リッターV6ツインターボのVR30型…

2017.08.22

ニューモデル

【スクープ】

「フェアレディZ」の兄弟車として三菱「GTO」が復活する!?

日産の傘下に入った三菱自動車だが、まさかその影響こんなところに出てくるとは、全く予想をしていなかった訳ではないが、現実のものとなるかもしれないと思うと、何やらソワソワする。角ばった独特のファストバックスタイルで、北米をはじめとする海外でも人気が高く、またモータースポーツの場でも活躍をしてきた「スタリオン」。その「スタリオン」の後継モデルとして1990年に登場したのが「GTO」であるが、なんと冒頭の通り、日産「フェアレディZ」と兄弟車となって復活するというのだ。兄弟車たる所以は、「フェアレディZ」が採用する「FR-L…

2017.08.21

ニューモデル

こっちも欲しくありませんか?

日本とは別モノの欧州版マーチでカスタマイズが人気

4人に1人がカスタムを希望日産ヨーロッパはこのほど、欧州で販売されている新型マイクラのパーソナライゼーションプログラムが予想以上に好評を得ていることを発表した。欧州で発売されているマイクラは、2016年のパリ・モーターショ—で新型が披露され、2017年3月に市場導入された。5代目となる現行型は全長3999×全幅1743×全高1455mmのボディに、90ps/140Nmを発揮する0.9リッター3気筒ターボや、90ps/220Nm仕様の1.5リッター直4ターボディーゼルなどを搭載する。それまでは日本仕様のマーチと同じモ…

2017.08.19

トピックス

Courtesy of Apollo News Service

【スクープ】

これが次期型の新型リーフだ! デザイン、航続距離、パワーも大幅アップ!!

日産の電気自動車リーフの次期型プロトタイプがスクープされた。しかもカモフラージュが軽く、そのデザインの一部は露わになっている。まずは気になるデザイン面だが、フロントからリヤへと見てみれば、Vモーショングリル、鋭く釣り上が…

2017.07.19

ニューモデル

unnamed

もはやクルマに見えない?

インフィニティが近未来のル・マン用プロトを発表

自動操縦モードを備えた未来のレーシングカーのカタチ未来の自動車デザインを募る「ミシュラン・チャレンジ・デザイン」が開催された。今年のテーマは、”2030年のル・マン24時間レース参戦マシン”を考案…
At 7:16.04, the 2018 Chevrolet Camaro ZL1 1LE is the fastest Camaro to ever lap the Nürburgring Nordschleife.

こう見えて……

シボレー・カマロZL1 1LEがニュルで自己ベスト

7分16秒04を記録 ゼネラルモーターズはこのほど、シボレー・カマロのハイパフォーマンス版「カマロZL11LE」の2018年モデルが、ニュルブルクリンク北コースのラップタイムにおけるこれまでのベストタイムを更新し、7分1…

2017.06.27

トピックス

全モデルを写真で振り返る

誕生60周年を迎えるスカイライン(スカイラインGT-R編)

日産スカイラインが、2017年で生誕60周年を迎えた。初代スカイラインは、1957年4月24日、長い道のりを気持ちよく走るグランドツーリングの歓びを高次元で体験できるクルマとして誕生した。以来、その価値は、それぞれの時代…

2017.06.12

トピックス, 国内