"ホンダ" の記事一覧

東京モーターショー2017【ホンダ 4輪】

EVでも「役立つ喜び」「操る喜び」を目指すホンダ

「カーボンフリー社会の実現」「車の電動化時代」に向け様々な技術や商品の開発に取組んでいるホンダは、ハイブリッドやプラグインハイブリッドの先にあるEVの未来を見据え、「HONDANeuV(ニューヴィー)」「HondaUrbanEVConcept(アーバン・イーブイ・コンセプト)」「HondaSportsEVConcept(スポーツ・イーブイ・コンセプト)」といった3台のEVコンセプトカーを会場ステージで発表。電動化に加え、AI技術の「HondaAutomatedNetworkAssistant」や自動運転技術によって…

東京モーターショー2017【ホンダ PCX ハイブリット】

「ホンダスピリットが宿る」ハイブリッドコミューター PCX ハイブリッド

2輪車で初めて! のハイブリッドシステムを搭載したのがこのPCXハイブリッド。総排気量124cc=原付2種、小型二輪免許で乗れるシティコミュター、PCXの車体にハイブリッドシステムを搭載したのがこのモデル。気になるエンジンとハイブリッドシステムの配置だが、現時点は撮影NGとのことなのでお見せすることはできないが、従来のPCX同様のアンダーボーン式のメインフレームの左右にエンジンユニットとハイブリッドシステムを搭載。ちなみにバッテリーはテールカウル下に置かれる。「ユニットの搭載にも苦労があった」とは言うものの「一番は…
02_H1I9315

日本グランプリ鈴鹿戦直前におさらい

新生F1グランプリの今季前半の状況とマクラーレン・ホンダF1の顛末について(後編)

さて、全体的な話題以上にシーズン前半のF1を騒がせたのが「マクラーレン・ホンダ劇場」である。鳴り物入りの再婚から3年足らず。互いの実情をよく調べもせず釣書だけを頼りに「過去の栄光の復活」という甘い夢で結びついた婚姻は、当…
日本グランプリ鈴鹿戦直前におさらい
新生F1グランプリの今季前半の状況とマクラーレン・ホンダF1の顛末について(後編)

日本グランプリ鈴鹿戦直前におさらい

新生F1グランプリの今季前半の状況とマクラーレン・ホンダF1の顛末について(前編)

全20戦で争われる2017年F1世界選手権は第14戦シンガポールGPまで終了し、10月からいよいよシーズン終盤戦に突入する。今季のここまでを振り返ると、年初にF1の運営、放映権管理、マネージメントを統括する企業FOM(フ…
ヒルトン東京お台場の新キャンペーン
マクラーレン・ホンダとのコラボで 特別仕様のスイートルームを用意

ヒルトン東京お台場の新キャンペーン

マクラーレン・ホンダとのコラボで 特別仕様のスイートルームを用意

マクラーレン・ホンダF1チームを’05年からバックアップしている世界的ホテルグループ大手のヒルトンは、10月18日までの期間限定キャンペーンとして、ヒルトン東京お台場においてマクラーレン・ホンダのイメージで装…

2017.09.21

トピックス

honda_NSX

神戸ハーバーランドで9月10日(日)に開催!

ホンダ ブース出展車両が決定!【ル・ボラン カーズ・ミート2017 神戸】

 新型シビックのカスタム車が早くも登場!自動車雑誌「LEVOLANT(ル・ボラン)」がプロデュースするオープンエアのモーターフェスが「ル・ボランカーズ・ミート」。昨年に引き続き神戸ハーバーランドにて開催される本イベント、…

【スクープ】

「打倒プリウス!」王者プリウスの牙城を崩す、ホンダ新型インサイト復活で逆襲の狼煙!

トヨタ「プリウス」のライバルとなるべくしてホンダ「インサイト」が4年ぶりに復活するという。このほど、そのプロトタイプがカメラに収められた。ホンダ「インサイト」は1996年に初代モデルが登場したが、プリウスを凌ぐ燃費などで話題となるも2006年に生産は終了していた。その後、2009年にリベンジを図るも、2014年に生産終了となっていた。そんな「インサイト」が三度目の正直とばかりに、「打倒プリウス」の新型モデルを2018年に復活するというのだ。捕らえられたのは完全なミュールボディでデザインの詳細は残念ながら不明だが、リ

2017.08.23

ニューモデル

【スクープ】

「ABCトリオ」が再び復活!? スズキ「カプチーノ」後継モデル登場か

マツダ「AZ-1」、ホンダ「ビート」、スズキ「カプチーノ」の3モデルが「ABCトリオ」と呼ばれ人気を博したのはもう、20年以上昔の話だ。2015年にホンダ「ビート」の後継モデルとして「S660」が発売されたが、ここにきてスズキが「カプチーノ」の後継モデルが登場すると伝えられてきた。「アルト」のプラットフォームを流用したFFで、エアダクトを持つバンパーに薄型のヘッドライト、フェンダーのエアインテークに続くスピード感のあるプレスラインは初代のかわいらしいイメージから、よりスポーティなデザインになりそうで、軽量化にも余念

2017.08.21

ニューモデル

【スクープ】
ホンダの十八番、新型ライトウェイトスポーツ「S1000」が東京モーターショーで公開!?

【スクープ】

ホンダの十八番、新型ライトウェイトスポーツ「S1000」が東京モーターショーで公開!?

ビート然り、S660然り、我々をワクワクさせるライトウェイトスポーツを生み出してきたホンダが新たなライトウェイトスポーツを公開するという。その名は「S1000」。車名からも判るとおり、S660の上位機種として設定され、排…

2017.08.10

ニューモデル

【スクープ】
320馬力のド迫力スーパーハッチになる、
ホンダ・CR-Zの「タイプR」登場か

【スクープ】

320馬力のド迫力スーパーハッチになる、ホンダ・CR-Zの「タイプR」登場か

スポーティな走りも楽しめるハイブリッドとして人気のホンダ「CR-Z」の次期型に、ついにファン待望の「CR-ZタイプR」が投入されるかもしれないという。前もって一言つけくわえておけば、これは希望的観測も込められているという…

2017.08.05

ニューモデル

ホンダ・シビックが国内に復帰
タイプRが頂点のプレミアム志向に

ホンダ・シビックが国内に復帰

タイプRが頂点のプレミアム志向に

価格はセダンの265万320円からホンダは7月27日、新型「シビック」を9月29日に発売すると発表した。税込車両価格はセダンが265万320円、ハッチバックが280万440円、ハイパフォーマンスモデルのタイプRが450万…

2017.08.01

ニューモデル

【スクープ】
バブル世代激震! 80年代のデートカー「ホンダ・プレリュード」復活!?

【スクープ】

バブル世代激震! 80年代のデートカー「ホンダ・プレリュード」復活!?

リトラクタブルのヘッドライトに運転席側にもある助手席リクライニングノブ……「これぞデートカー」というべく、そのスタイリングと装備に当時の若者をクギヅケにした「ホンダ・プレリュード」が復活する可能性があるという。1979年…

2017.07.27

ニューモデル