"ホンダ" の記事一覧

ヒルトン東京お台場の新キャンペーン

マクラーレン・ホンダとのコラボで 特別仕様のスイートルームを用意

マクラーレン・ホンダF1チームを’05年からバックアップしている世界的ホテルグループ大手のヒルトンは、10月18日までの期間限定キャンペーンとして、ヒルトン東京お台場においてマクラーレン・ホンダのイメージで装飾したチャンピオン仕様の特別室、「マクラーレン・ホンダ・スイート」を用意する。日本では初の展開となるこのレーシングテーマの客室には、ドライバーのレーシングスーツやブーツ、ヘルメットといった装飾が施されるほか、F1マシンのステアリングやタイヤなどを客室内に展示。同チームのドライバー、F.アロンソとS.

2017.09.21

トピックス

神戸ハーバーランドで9月10日(日)に開催!

ホンダ ブース出展車両が決定!【ル・ボラン カーズ・ミート2017 神戸】

 新型シビックのカスタム車が早くも登場!自動車雑誌「LEVOLANT(ル・ボラン)」がプロデュースするオープンエアのモーターフェスが「ル・ボランカーズ・ミート」。昨年に引き続き神戸ハーバーランドにて開催される本イベント、2017年は9月10日(日)に行われることが決定した。ホンダブースでは先日発表されたばかりの新型N-BOXやシビック、ホンダの純正アクセサリーブランド「ホンダアクセス」の手によるカスタム車両を展示。体験試乗コーナーには、あのNSXも!イベントの詳細はこちらhttp://levolant-boost.
「打倒プリウス!」王者プリウスの牙城を崩す、ホンダ新型インサイト復活で逆襲の狼煙!

【スクープ】

「打倒プリウス!」王者プリウスの牙城を崩す、ホンダ新型インサイト復活で逆襲の狼煙!

トヨタ「プリウス」のライバルとなるべくしてホンダ「インサイト」が4年ぶりに復活するという。このほど、そのプロトタイプがカメラに収められた。ホンダ「インサイト」は1996年に初代モデルが登場したが、プリウスを凌ぐ燃費などで…

2017.08.23

ニューモデル

Courtesy of Apollo News Service

【スクープ】

「ABCトリオ」が再び復活!? スズキ「カプチーノ」後継モデル登場か

マツダ「AZ-1」、ホンダ「ビート」、スズキ「カプチーノ」の3モデルが「ABCトリオ」と呼ばれ人気を博したのはもう、20年以上昔の話だ。2015年にホンダ「ビート」の後継モデルとして「S660」が発売されたが、ここにきて…

2017.08.21

ニューモデル

【スクープ】
ホンダの十八番、新型ライトウェイトスポーツ「S1000」が東京モーターショーで公開!?

【スクープ】

ホンダの十八番、新型ライトウェイトスポーツ「S1000」が東京モーターショーで公開!?

ビート然り、S660然り、我々をワクワクさせるライトウェイトスポーツを生み出してきたホンダが新たなライトウェイトスポーツを公開するという。その名は「S1000」。車名からも判るとおり、S660の上位機種として設定され、排…

2017.08.10

ニューモデル

【スクープ】
320馬力のド迫力スーパーハッチになる、
ホンダ・CR-Zの「タイプR」登場か

【スクープ】

320馬力のド迫力スーパーハッチになる、ホンダ・CR-Zの「タイプR」登場か

スポーティな走りも楽しめるハイブリッドとして人気のホンダ「CR-Z」の次期型に、ついにファン待望の「CR-ZタイプR」が投入されるかもしれないという。前もって一言つけくわえておけば、これは希望的観測も込められているという…

2017.08.05

ニューモデル

  •  

ホンダ・シビックが国内に復帰

タイプRが頂点のプレミアム志向に

価格はセダンの265万320円からホンダは7月27日、新型「シビック」を9月29日に発売すると発表した。税込車両価格はセダンが265万320円、ハッチバックが280万440円、ハイパフォーマンスモデルのタイプRが450万360円である。新型シビックは、欧州Cセグメントでトップクラスの「操る喜び」の提供を目指し、サーキットを含むさまざまな走行シーンでの運動性能を高次元で達成する新開発プラットフォーム(ホイールベースは2700mm)が採用されたホンダの意欲作だ。この新プラットフォームは、究極の運動性能を実現するために仕…

2017.08.01

ニューモデル

【スクープ】

バブル世代激震! 80年代のデートカー「ホンダ・プレリュード」復活!?

リトラクタブルのヘッドライトに運転席側にもある助手席リクライニングノブ……「これぞデートカー」というべく、そのスタイリングと装備に当時の若者をクギヅケにした「ホンダ・プレリュード」が復活する可能性があるという。1979年11月に登場した初代は国内生産車初となる電動サンルーフが標準装備(グレードによって未装備もあり)され、高いボディ剛性と操舵性で「スペシャリティカー」として位置づけられた。そして1982年11月の2代目登場において、リトラクタブルヘッドライトにワイド&ローボディといたスタイルは日本車とは思えない垢抜け…

2017.07.27

ニューモデル

Courtesy of Apollo News Service

【スクープ】

ホンダS2000後継モデルは「ベイビーNSX」として2018年に復活!?

1999年に登場したホンダS2000が2017年の東京モーターショーでコンセプトモデルとして復活、ホンダ設立70周年となる2018年に発表されるとの情報を得た。新型S2000はこれまで囁かれていたミッドシップではなくS2…

2017.07.18

ニューモデル

unnamed

もはやクルマに見えない?

インフィニティが近未来のル・マン用プロトを発表

自動操縦モードを備えた未来のレーシングカーのカタチ未来の自動車デザインを募る「ミシュラン・チャレンジ・デザイン」が開催された。今年のテーマは、”2030年のル・マン24時間レース参戦マシン”を考案…
実車と模型の開発者がクロストーク!
タミヤ「1/6 Honda CRF1000L アフリカツイン」発売記念イベントが開催!

実車と模型の開発者がクロストーク!

タミヤ「1/6 Honda CRF1000L アフリカツイン」発売記念イベントが開催! 後編

星のマークでお馴染みの模型メーカー株式会社タミヤ(以下タミヤ)は、2017年6月24日に1/6オートバイシリーズ・プラモデルの最新作「HondaCRF1000Lアフリカツイン」を発売した。同日、それを記念したトークイベン…

2017.07.04

トピックス

16YM CRF1000L Africa Twin

実車とプラモデルの開発者がクロストーク!

タミヤ「1/6 Honda CRF1000L アフリカツイン」発売記念イベントが開催! 前編

星のマークでお馴染みの模型メーカー株式会社タミヤ(以下タミヤ)は、2017年6月24日に1/6オートバイシリーズ・プラモデルの最新作「HondaCRF1000Lアフリカツイン」を発売した。同日、それを記念したトークイベン…

2017.06.30

トピックス