"デトロイトショー2016" の記事一覧

【デトロイトショー2016】アメリカのオバマ大統領がデトロイトショーへ! その真意は?

意外!?歴代大統領としては3人目 1月20日、米国のバラク・オバマ大統領がデトロイトで開催中の北米国際自動車ショー(NAIAS)を訪れ、最新モデルや自動車産業の革新的技術に関する展示を見学した。 とくに興味を示したのはやはり米国自動車メーカー関連の展示で、GMやフォード、FCA(フィアット・クライスラー・オートモビル)のブースで足を止め、自動運転車や高度なパワートレイン技術についてNAIAS会長のポール・サバティーニ氏や全米自動車労働組合長のデニス・ウィリアムズ氏から説明を受けた。 案内役のサバティーニ氏は「北米国…

2016.01.22

トピックス

【デトロイトショー2016】レクサスLC500がデトロイトのデザインアワードで2冠を達成!

コンセプトカー賞はビュイック・アビスタが獲得 北米国際自動車ショー(デトロイトショー)で初公開された新型市販モデルやコンセプトカーからもっとも優秀なデザインを選定し、表彰する「アイズ・オン・デザイン・アワード」の発表が行なわれた。 今年の審査団長は、北米ヒュンダイ・デザインのチーフデザイナー兼ディレクター、クリス・チャップマン氏、ホンダR&Dアメリカのアキュラ・グローバル・クリエイティブディレクター、デイブ・マレック氏、アートセンター・カレッジ・オブ・デザインのスチュワート・リード氏、フォードの元デザイン担…
Text:Hidemitsu HOSHIGA Photo:VLF Automotive

【デトロイトショー 2016】新興VLFが投入するフォース1は自然吸気スポーツカー最強の755ps!

カー・ガイたちが作るアメリカン・スーパースポーツやいかに アメリカの新興自動車メーカー、VLFオートモーティブがデトロイトショーで公開した「フォース1V10」は、一時は出展自体が危ぶまれていた。デザインが最新ボンドカーの…
Text:Hidemitsu HOSHIGA Photo:Naohide ICHIHARA(Editor in Chief)

【デトロイトショー 2016】新型ポルシェ911ターボの新兵器は加速装置!

20psのモアパワーと1ランクアップしたシャシー 911ターボシリーズの9912型(ポルシェでは“2”の部分にローマ数字を使用)がついに正式公開となった。今回はクーペとカブリオレの両方が最初から揃っての登場だ。 まずは外…
Text:Yasushi HOSODA Photo:Naohide ICHIHARA (Editor in Chief)/HONDA MOTOR CO., LTD

【デトロイトショー 2016】プレシジョンコンセプトはアキュラの未来を指し示す

デザインテーマは“量子の連続体” ホンダはアキュラブランドのコンセプトモデル「アキュラ・プレシジョンコンセプト」を出展した。このモデルはアキュラの未来におけるデザインの方向性を示すスタディで、同ブランドの中心的価値として…

2016.01.15

トピックス

Text:Yasushi HOSODA Photo:Naohide ICHIHARA (Editor in Chief)/FORD MOTOR COMPANY

【デトロイトショー 2016】懐かしのリンカーン・コンチネンタルが大復活!

400psの3リッター・エコブーストを搭載 2015年4月のニューヨーク・ショーでコンセプトが登場したリンカーンの新型コンチネンタル。2017年モデルとしてこの度、市販型がショーデビューを飾った。 フォードの高級車ブラン…
  •  

【デトロイトショー 2016】車名一新のメルセデスSLCは全車ダイヤモンドグリルを採用!

AMG版は5.5リッターV8から3リッターV6にダウンサイズ メルセデス・ベンツのコンパクトロードスター、SLCがショーデビューを飾った。既報のとおり、車名は同社の新しい法則に従い、従来のSLKに代えてSLCを名乗る。ここでは本国仕様をもとに新型SLCの特色に迫ってみよう。 標準モデルのラインナップはガソリン仕様が3機種、ディーゼル仕様が1機種。ガソリン仕様はSLC180、SLC200、SLC300、ディーゼル仕様はSLC250dである。ハイパフォーマンスモデルのメルセデスAMGはSLC43が用意される。全車に最新…

【デトロイトショー 2016】新型S90はXC90に次ぐ新世代ボルボの意欲作!

トップグレードのT8はプラグインハイブリッド 新型ボルボS90は従来までのS80の後継を担う、ボルボの新しいフラッグシップサルーンである。ひと足先に登場した新型XC90(日本未導入)と同様に、同社の新世代プラットフォームである「SPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)」を採用している。 ボディのスリーサイズは全長4963mm、全幅1890mm、全高1443mmで、ホイールベースは2941mm。堂々たるサイズは新旗艦サルーンに相応しい。洗練されたイメージを強く発散する内外装のデザインは、新型XC90と同様…
Text:Hidemitsu HOSHIGA Photo:NISSAN MOTOR CO., LTD

【デトロイトショー 2016】時期スカイラインクーペは新開発V6エンジンを採用!

日本での発売は11月頃を予定か? 昨年のデトロイトショーで公開された「Q60コンセプト」からわずか1年、インフィニティQ50のクーペ版であるインフィニティQ60の市販仕様が早くも発表の日を迎えた。日本で発売されるとしたら…

2016.01.14

ニューモデル

Text:Naohide ICHIHARA (Editor in Chief) Photo:Naohide ICHIHARA (Editor in Chief)

【デトロイトショー 2016】帰ってきた “カッコいいボルボ” S90も生写真速報で!

前輪をエンジン、後輪をモーターで回すハイブリッドも登場 昨年の12月上旬、写真だけが公表されたボルボの新しいフラッグシッブサルーン、S90がデトロイトで世界デビューを果たした。威風堂々としたスタイリングを持つが、インテリ
Text:Hidemitsu HOSHIGA Photo:LEXUS INTERNATIONAL

【デトロイトショー 2016】レクサスLC500の最新メカニズムに迫る!

その革新はパッケージングとボディにアリ? レクサスLC500に搭載されるエンジンは、GSFやRCFといった現行Fシリーズと基本的には共通である排気量4968ccのV8ながら、最高出力の公称値は349kW(475ps)と、…
Text:Hidemitsu HOSHIGA Photo:LEXUS INTERNATIONAL

【デトロイトショー 2016】レクサスが新旗艦ラグジュアリークーペのLC500を世界初公開!

レクサス新生の決意をデザインと走りに込めて レクサスのクーペモデルにおける新たなフラッグシップとして、2012年の同ショーに出展されたコンセプトカーの「LF-LC」の市販バージョンにあたるレクサスLC500がワールドプレ…