"ダイムラー" の記事一覧

4ドアクーペの巨星、メルセデス・ベンツCLSが3代目に!

新開発の直6エンジンを搭載ダイムラーは11月29日に開幕したロサンゼルス・オートショーにおいて、フルモデルチェンジを受けた新型「メルセデス・ベンツCLS」を初披露した。CLSは、サルーンの快適性や機能性にクーペのエレガンスを融合させた4ドアクーペの先駆者として2003年に誕生。以来、確かな支持を獲得してきた。3代目となった新型は、美しいルーフラインを描く初代からのDNAを受け継ぎながら、メルセデス・ベンツの新世代デザイン言語「SensualPurity(官能的な純度)」によって、さらに洗練性を増したスタイリングを実…

2017.12.01

ニューモデル

エミレーツ航空のファーストクラスはベンツSクラスのテイスト?

新型Sクラスを送迎車両に起用ダイムラーはこのほど、エミレーツ航空のボーイング777機で刷新されたファーストクラスのインテリアが、メルセデス・ベンツSクラスにインスパイアされたデザインであることを発表した。ダイムラーとエミレーツ航空のコラボレーションが始まったのは2014年。新型メルセデス・ベンツSクラスのインテリアに感銘を受けた航空機のインテリアデザイナーは、エミレーツの航空機のファーストクラスのインテリアを刷新する際に、このクルマのデザインからインスピレーションを得た。3年におよぶ開発期間を経て完成した新しいファ

2017.11.24

トピックス

DSC_0450

東京モーターショー2017【スマート】

2030年にsmartがスマートであり続けるために練られた戦略は4つのケースの組み合わせ

 近い未来においても優位なポジションを目指すダイムラーグループが、その具体的な戦略として掲げているのが「CASE(ケース)」である。このCASEとは「コネクト(Connect)」「自動運転(Autonomousdrivi…
1005_MercedesGclass-modelcar_01

型式にちなんだ台数限定

ベンツGクラス、4×4スクエアードの特別仕様が登場! ただし……

8色の特別カラーを採用ダイムラーはこのほど、メルセデス・ベンツG5004×42(フォー・バイ・フォー・スクエアード)に特別なボディカラーを採用した限定モデルを発表した。ボディカラーには、ダイヤモンドホワイト、エレクトリッ…

2017.10.12

トピックス

0905_Mercedes-S-coupe_01

セダン同様のラインナップに

さらに洗練! メルセデス・ベンツSクラス・クーペがアップデート

OLEDテールライトを採用9月5日、ダイムラーはフェイスリフトを受けた新型メルセデス・ベンツSクラスのクーペとカブリオレを発表した。Sクラス・クーペのスタンダードモデルは、367ps/500Nmを発揮する3リッターV6ツ…

2017.09.06

ニューモデル

0901_smart-visionEQ-fortwo_01

カーシェアリングの未来像

「ヴィジョンEQフォーツー」は次世代のスマート?

未来の都市モビリティの形を提案ダイムラーは8月30日、未来の都市モビリティを提案するコンセプトモデルとして、「スマートEQフォーツー」を発表。9月12日に開幕するフランクフルト・モーターショーで初披露する。このコンセプト…

2017.09.04

ニューモデル

メルセデス・ベンツGクラスが新たな節目に

SUV界のレジェンドが30万台を生産

30万台目はデジーノ・モーリシャスブルーのG500ダイムラーはこのほど、メルセデス・ベンツGクラスの累計生産台数が30万台に達したことを発表した。メルセデス・ベンツの本格クロスカントリー4WD車のGクラスは、1979年の誕生以来、オーストリアはグラーツのマグナ・シュタイヤーで生産されてきた。記念すべき30万台目のGクラスはG500で、デジーノ・モーリシャスブルーのボディに、ホワイトのステッチを施したブラックレザーのシートを組み合わせ、ルーフラックや16インチのオールテレインタイヤを含むオフロードパッケージを装着した

2017.07.31

トピックス

舞台はメルセデス・ベンツ・ミュージアム

ボッシュとダイムラーが無人駐車を実演

駐車場での入出庫はスマホの遠隔操作でダイムラーとボッシュは7月24日、多層階駐車場における自律運転駐車のデモンストレーションを公開した。舞台はメルセデス・ベンツ博物館の多目的駐車場。ドライバーが新型メルセデス・ベンツEクラスで駐車場に入場し、ドライバーは所定の場所で降車。クルマはドライバーのスマートフォンによる操作により、自律運転で空きスペースに入庫する。フロアに空きスペースがない場合は、別の階に移動。これも自律運転で行なわれる。乗員が再びクルマに乗る際は、所定の位置でスマートフォンを操作すると、駐車していた場所か…

2017.07.26

トピックス

先月22日にはメルケル首相を招いて新バッテリー工場の起工式を実施

ダイムラーの電動化計画が一段と進展

新EVブランド「EQ」の生産計画も進展ダイムラーが電動化計画を予想以上のスピードで進めている。主要マーケットである中国政府の電動化推進に歩調を合わせ、ここにきて中国メーカーの北京汽車(BAIC)との提携を強化。EVやプラ…
smart fortwo cabrio electric drive; prime, white, electric green;Stromverbrauch kombiniert: 13,0 kWh/100 km; CO2-Emissionen kombiniert: 0 g/km*

smart fortwo cabrio electric drive; prime, white, electric green;Electric energy consumption: 13.0 kWh/100 km; CO2 emissions, combined: 0 g/km*

カブリオレで登場

スマート・フォーツーの新型EV

航続距離は155kmダイムラーは7月20日、スマートの電気自動車「スマート・フォーツー・カブリオエレクトリックドライブ」を本国で発表した。新型には60kw(約80ps)/160Nmを引き出すモーターと17.6kWhのリチ…

2017.06.23

ニューモデル

Text:Yasushi HOSODA Photo:DAIMLER AG

スマートが宅配ボックスに!? メルセデス・ベンツのダイムラーがドイツで実証実験を開始

オンラインショッピングの利便性がさらに向上 ダイムラーAGはこのほど、スマートブランドの都市型モビリティとしての可能性を加速させるため、「スマートラボ」を設立。最初の技術革新としてオンラインショッピングの利便性向上が期待…

2016.07.26

トピックス