2017/12/20 19:00

新型メルセデス・ベンツGクラスの初公開はデトロイト・ショー

Gclass-teaser_01

デジタル化が進んだインテリア画像を先行公開

 

12月13日、ダイムラーは2018年1月13日に開幕する北米国際オートショー(通称デトロイト・ショー)において、新型メルセデス・ベンツGクラスを初公開すると発表。ショーデビューに先駆けて、インテリアの写真を公開した。

 

Gクラスは1979の誕生以来、本格オフローダーとして高い支持を保ってきた。公開された新型のインテリアは最新のメルセデスの作にふさわしく、デジタル化の促進が著しい。インスツルメントパネルにはワイドなディスプレイが備わり、最新のインフォテイメントシステムが搭載される。一方で、インパネの助手席側に設置されるハンドグリップや、センターパネル中央部にレイアウトされたデフの切り替えスイッチなど、Gクラスらしいディテールも確認できる。

 

Gclass-teaser_03

 

デザインはメルセデスの次世代モデルを感じさせる、洗練性をさらに高めたテイスト。航空機に積むジェットエンジンのタービンを想起させるエアコンルーバーは、ひと足先に公開された次期型Aクラスのそれに似たものだ。もちろん内装に使うマテリアルは厳選された高級なもので室内空間は拡大されるようだ。公表された情報では、レッグルームがフロントで38mm、リアで150mm広がる他、肘や肩まわりのスペースも前後席で拡大される。

 

Gclass-teaser_08

 

エクステリアデザインがどうのようになるのかは、デトロイト・ショーでのアンベールまで待つことになりそうだが、インテリアの写真からは、かなり期待が持てそうだ。

 

【関連記事】

「この道、この旅。」~徳島県 土佐浜街道編

セダンに続きメルセデス・ベンツSクラスのクーペ系がアップデート!

4ドアクーペの巨星、メルセデス・ベンツCLSが3代目に!

Gclass-teaser_01

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事