2017/12/01 19:00

「ザ・ジープ」ことラングラーの新型が正式デビュー

「ザ・ジープ」ことラングラーの新型が正式デビュー

新開発の2リッター直4ターボを採用

 

FCAは11月29日に開幕(一般公開は12月1日から)したロサンゼルス・オートショーにおいて、フルモデルチェンジを受けて4代目となった本格クロスカントリー車の新型「ジープ・ラングラー」を初公開した。

 

 

エンジンは3リッターV6ディーゼル(260ps/600Nm)と3.6リッターV6ガソリン(285ps/353Nm)に加えて、ラングラー初となる新開発の2リッター直4ターボ(270ps/400Nmm)を設定。この直4エンジンは、「eトルク」と呼ぶマイルドハイブリッドシステムを組み合わせているのが特徴で、ハイアウトプットと低燃費を両立しており、最大トルクは3.6リッターV6エンジンを凌ぐ。トランスミッションは、いずれのエンジンにも6速MTまたは8速ATを組み合わせる。

Wrangler_10

トリムレベルは、2ドアモデルが「スポーツ」「スポーツS」「ルビコン」の3種。4ドアモデルは「スポーツ」「スポーツS」「サハラ」「ルビコン」の4種がラインアップされた。

 

Wrangler_04

 

エクステリアはラングラーのアイデンティティを受け継ぎながら、モダンで洗練性が高められた。前後のライトにはLEDが採用され、機能性とルックスの両立に貢献している。

 

Wrangler_06

 

ボディサイズは、全長4237(2ドア)/4785(4ドア)×全幅1875×全高1868mm。ホイールベースは2ドアが2460mmで、4ドアが3008mm。フロントフードやドア、リアゲートにアルミを使用したことでボディの軽量化を図り、燃費性能の向上にも注力している。

インパネには5インチのタッチスクリーンを含む最新のインフォテイメントシステムやコネクティングデバイスが備わり、ユーザビリティが高められた点が特徴的。USBポートや12V電源も備わる。

 

【関連記事】

SUVのレジェンド、ジープ・ラングラーの新型が間もなくデビュー!

新型ジープ・コンパス、国内デビューは10月末

ジープ・ラングラーJKが発売

「ザ・ジープ」ことラングラーの新型が正式デビュー

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事