2017/11/25 11:55

東海岸最大のミニ四駆サーキットがキャデラックハウスに!

House_01

2018年1月15日まで公開

 

キャデラックは、2017年から復帰参戦している世界屈指の耐久レース「IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権」で、マニュファクチャラー、ドライバー、チーム、そして耐久レースで見事チャンピオンに輝いた。これを祝して、ニューヨークにある同ブランドのエクスペリエンスセンター「キャデラック ハウス」内に、体験型ミニ四駆専用サーキット「ヴィジョネア レーシング(Visionaire Racing)」を 2017 年 11月16 日からオープン。熱烈なレーシングファンの注目を集めている。

 

House_03

 

ヴィジョネア レーシングは、キャデラック ハウスのギャラリーで公開されている新しいアクション満載の体験型展示施設。1980年代に日本で一世を風靡したミニチュア四駆の製作や、そのレース競技をベースに、車両の構造やレースの楽しみ方に対しては、ヴィジョネアならではのアート・キュレーター的見地からの工夫が加えられている。この東海岸最大のミニ四駆用サーキットでは、伝統的なミニ四駆レースを踏襲するだけでなく、ミニカーレースの初心者やプロのレーサー、キャデラックハウスの来場者も製作(カーキット購入可)、創造(カラフルで多彩なデコグッズ)、競技のプロセスを楽しむことができる。

 

House_02

 

一般的なミニ四駆レースでは、スピードと個性的な表現とスタイリングが大きなテーマだがが、「ヴィジョネアレーシング」とキャデラックは、レース競技と芸術性の両面で、参加者が創造性を発揮することを重視。参加者は、展示されているアーティスト マシンからインスピレーションを得て、自分のミニ四駆に思い思いのデコレーションを施すことができる。

 

House_04

 

「ヴィジョネア レーシング」は、2017年11月16日から2018年1月15日、平日は正午から19時まで、週末は17時まで一般公開される。手持ちのタミヤ製ミニ四駆を持ち込めるほか、現地での購入、またはレンタルしてレースに参加することも可能だという。 12月3日、12月10日、12月17日の日曜日を予選日とし、1月7日にグランドフィナーレとなる決勝レースも行われる予定とのことだ。

 

【関連記事】

キャデラックが自動運転でのアメリカ大陸横断に挑戦!

ル・ボラン カーズ・ミート 2017 横浜 開催レポート Part.5

キャデラック・エスカレードがアップデート!

House_01

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事