2017/11/14 19:30

マニアックなフィアット・パンダ4×4再び! ただし……

Panda_01

100台の限定発売

FCAジャパンは、フィアット・パンダの4輪駆動モデルである「パンダ4×4(フォーバイフォー)」を、11月8日より100台限定で発売した。税込車両価格は251万6400円である。

この限定車は、過去にも限定発売された経緯があるが、この度、約2年ぶりに発売されることになった。

Panda_02
エンジンは85ps/145Nmを発揮する875ccの直列2気筒ターボ(TwinAir)エンジンで、6速MTを組み合わせて4輪を駆動する。今の日本のクルマ市場においては珍しい、趣味性の高いモデルのひとつと言える。4輪駆動システムはELD(電子式ディファレンシャルロック)を採用している。

 

Panda_04

タスカン・グリーンにペイントされるエクステリアは、標準モデルのEasyに比べて全高が65mmアップしているほか、バンパーはスキッドプレードが装着された専用品となり、悪路での走破性を高めている。15インチアルミホイールのカラーも専用だ。

Panda_03

 

チタングレーのインストルメントパネルを備えるインテリアでは、ダークグレーとグリーンを組み合わせたシートが特徴的。パンダ4×4独自の世界観が表現されている。

【関連記事】

新型ジープ・コンパス、国内デビューは10月末

アルファロメオ・ステルヴィオがニュル最速SUVに!

アルファ/ロメオ・ジュリアの日本上陸Xデーは9月6日に決定

Panda_01

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事