2017/11/09 12:00

東京モーターショー2017【コラム】【最先端テクノロジー】

最新&近未来を先取りできる! サプライヤー視点の東京モーターショー2017 PART.3

DSC_0033

現行テクノロジーも進化中!

 東京モーターショー2017のサプライヤーブースでは、電動や自動運転、コネクテッド技術という旬な展示物以外にも、エコで効率の良い近未来の自動車のための興味深い製品が見られた。ひとつは電動化という方向性によって、クルマを構成する多くの要素もすこしずつ変わり始めているということ、そしてまだまだ主役を張り続ける内燃機関の分野でも進化は止まっていないこと、さらには自動車に必須のレガシーな部品も性能向上の新提案が生まれてきている。

 

 まず、コンチネンタルのブースに斬新な電動ドライブモジュールの展示があった。電動モジュールはショーでは多くのブースにあり特に珍しくはないが、この展示は少々違った。まず電動ドライブ(モーターとミッション)がプラスチックのサブフレーム!に載せられている。軽量化のためブラスチックの採用が拡大傾向にある自動車業界だが、これほど大きなサイズで強度や耐久性が求められる部位への採用は最先端技術。従来はリアデフのサポートブラケットくらいが最大サイズだった。 

 さらにこの展示物はハーフシャフトとハブ、そしてホイールまで繋がったものだったが、そのホイールがユニーク。ブレーキローター径を最大化するためリムオンディスク構造とされ、ハブ周りはセンターロック化され見るからに軽量。これは電動時代には回生ブレーキのおかげでブレーキ負荷は小さいので軽量化が優先され、それでいて最大制動力は重要だから大径ローターと軽量化を両立するこのレイアウトがソリューションになるわけだ。

(写真左から)ラジアルマウント・ブレーキキャリパー&ローター(コンチネンタル)、フレックスコーナーモジュールコンセプト:可変ジオメトリーシステム(NSK:日本精工)

 

 

 トロイダルミッションでも知られるベアリング大手のNSKにも珍しいものがあった。ボールネジを使った可変長のサスペンションアームを電制することで、走行中にも自在にジオメトリーを変化させることを可能にする技術の提案だ。ジオメトリーすら電制可変という時代はそう遠くはないようだ。この仕組みはボールネジとロック機構を使うので、ジオメトリーを変えている瞬間以外はエネルギーを消費しない。この展示品ほど多芸でなくとも、トーとキャンバーを可変にしたいと考えているOEMは多いと聞くので、これも近未来の方向性のひとつだ。

 

 

(写真左から)低フリクションハブベアリングⅡ(NTN)、ディーゼルエンジン用スチールピストンと樹脂製エアインテークモジュール(マーレ)

 

 

 同じくベアリング大手のNTNはハーフシャフトやコーナーモジュールのトップメーカーだが、こちらは実に玄人受けな超低抵抗のハブベアリングを展示していた。ベアリング自体の転がり抵抗はもちろん、ラビリンスシールや潤滑までおよぶ幅広い知見を生かして、劇的に回転抵抗の小さなユニットを生み出したという。こういう努力が自動車のエコ化を着実に前進させるのだ。

 マーレのブースでは、昨年デビューしたメルセデスの新世代ディーゼルにも採用されているスチールピストンが展示されていた。また吸気をマップ制御したりタンブル流を生成する電制バルブ付きインテークモジュールも今後普及が進みそうなもの。さらに損失の少ない短流路で冷却効率にも優れる水冷インタークーラーも過給+高EGR時代のエンジンには欠かせないが、マーレのブースではそういうトレンドの一気見が可能だった。

 

 

(写真左から)水冷式インタークーラー(マーレ)、バルブタイミング・フェーザー(シェフラー)、マグネシウム合金製クロスビーム(住友電気工業)

 

 おっと目を見張ったのは住友電工のマグネシウム合金の溶接成型で造られたクロスビームの展示。手に持つと従来のスチール部品とは比較にならぬほど軽い。マグネシウムが軽量化に効くのは周知の事実だが、クロスビームに採用可能になったのは弱点だった耐食性を改善したり、他素材との共存を可能にする製造技術というブレークスルーがあればこそで、とても未来を感じるものだ。

 KYB(旧カヤバ)のブースにはトヨタ・プリウス用のストラットモジュールの3本比較展示があった。手に取って世代ごとに軽量化されてきたことを体感できるが、圧巻はカーボン筐体を採用した1本で、びっくりするほど軽い! ただしこれはまだ製品化されてはいない。

 

 

(レポート:竹平 誠)

【関連記事】

ZFジャパンが自動運転に向けた先端技術を日本初公開

最新&近未来を先取りできる! サプライヤー視点の東京モーターショー2017 PART.2 

未来のクルマから市販化を予感させるモデルまで、「ワクワク」を感じさせる個性的なクルマが揃ったスズキ

DSC_0033

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事