2017/11/02 09:30

東京モーターショー2017【スズキ】

未来のクルマから市販化を予感させるモデルまで、「ワクワク」を感じさせる個性的なクルマが揃ったスズキ

DSC_2835

『“ワクワク”を、誰でも、どこへでも』をテーマに、スズキが得意とする小さなクルマや2輪車、電動車いす、船外機など幅広いモデルが並んだスズキブーズ。

 

 

注目はやはりモーターによる四輪独立駆動を採用したコンパクトSUV「e-SURVIVOR(イー・サバイバー)」だが、人気の軽ハイトワゴン・スペーシアのコンセプトモデルや、ハスラーのエクステリアデザインを連想させる小型クロスオーバーワゴン・XBEE(クロスビー)など、市販化を強く意識したモデルも多数出品。「スズキ セーフティ サポート」と名付けられた自動ブレーキや誤発進抑制機能など、安全・安心技術への取り組みも紹介された。

 

 

e-SURVIVOR

DSC_5251

ジムニーやエスクードといったスズキの4WD車の流れを汲む、次世代のコンパクトSUVがe-SURVIVOR(イー・サバイバー)だ。ラダーフレームや軽量、コンパクトなボディが生み出す走破性は引き継ぎながら、EVならではのモーターの高いトルクと加速性能を組み合わせることで4WDの新しい可能性を提案。これから主流になるであろう自動運転化にも対応するなど、2020年に創立100周年を迎えるスズキが次の100年を見据えた、まさに未来のクルマだ。

 

 

SPACIA CONCEPT

低床で広い室内空間と、使い勝手のいい後席両側スライドドア搭載の軽ハイトワゴン、スペーシアのコンセプトモデル。スーツケースがモチーフという個性的なボディデザインは存在感があり、エクステリアとコーディネートされたカラーパネル採用のインテリアも遊びゴコロ満載。今回のスズキのテーマでもある「ワクワク」を詰め込んだ新しいスタイルが、日常使いから休日のドライブまであらゆるシーンを楽しく演出してくれる。

 

 

XBEE OUTDOOR ADVENTURE

コンパクトカーの取り回しの良さとSUV並みのラフロードでの走破性を兼ね備え、さらにクラスを超えた広い室内空間までもを実現した、新ジャンルの小型クロスオーバーワゴン。アクティブな走りに応える力強さと都会にも似合うお洒落さを併せ持つエクステリアは、ひと目見たら忘れられない個性的なデザインで、これまでにない新しいスタイルにふさわしい仕上がり。アウトドアアドベンチャーは「大人が楽しむキャンプシーン」をイメージし、上質で落ち着いた雰囲気で自然に溶けこむ魅力とアウトドアで使用する楽しさを提案したモデルだ。

 

 

(レポート:編集部)

 

【関連記事】

最新&近未来を先取りできる! サプライヤー視点の東京モーターショー2017 PART.3

最新&近未来を先取りできる! サプライヤー視点の東京モーターショー2017 PART.2 

EVでも「役立つ喜び」「操る喜び」を目指すホンダ

DSC_2835

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事