2017/11/02 09:28

東京モーターショー2017【ホンダ 4輪】

EVでも「役立つ喜び」「操る喜び」を目指すホンダ

DSCN3527+

「カーボンフリー社会の実現」「車の電動化時代」に向け様々な技術や商品の開発に取組んでいるホンダは、ハイブリッドやプラグインハイブリッドの先にあるEVの未来を見据え、「HONDA NeuV(ニューヴィー)」「Honda Urban EV Concept(アーバン・イーブイ・コンセプト)」「Honda Sports EV Concept(スポーツ・イーブイ・コンセプト)」といった3台のEVコンセプトカーを会場ステージで発表。電動化に加え、AI技術の「Honda Automated Network Assistant」や自動運転技術によって、新たなクルマの可能性を考える。その他にも、多くの市販&市販モデルのほか、レーシングマシン、また2輪の展示まで幅広く注目を集めた。

 

Honda NeuV

EVコミューターコンセプトの「Honda NeuV(ニューヴィー)」は、AI技術「Honda Automated Network Assistant」や自動運転技術を搭載。誰にでも安全に快適にドライブでき、生活の身近なパートナーとしてのEV車を提案する。

 

Honda URBAN EV Concept

EVならではのパッケージングにより、広々した居住空間を実現し、親しみやすいデザインを採用した「Honda URBAN EV Concept(アーバン・イーブイ・コンセプト)」。電気自動車の量産化に向け、より実現性の高い技術を盛り込んだ様々なコンセプトがカタチに。Honda URBAN EV Conceptをベースにした実車を欧州でまずは発売し、数年後には国内でも販売する計画も進められているとのこと。

 

Honda Sports EV Concept

EVであっても、スポーティで爽快な走りを楽しめるための提案が「Honda URBAN EV Concept(スポーツ・イーブイ・コンセプト)」。Urban EV Conceptと同じプラットフォームを採用し、モーターならではの力強さと静寂性、低重心による運動性、AI技術を用いた「Honda Automated Network Assistant」でのドライバーとクルマのコミュニケーションなど、様々なドライビングプレジャーを実現する未来のスポーツカーをデザインした。

(レポート:編集部)

 

【関連記事】

ランボルギーニがMITとのコラボでドリームカーを製作?

最新&近未来を先取りできる! サプライヤー視点の東京モーターショー2017 PART.3

最新&近未来を先取りできる! サプライヤー視点の東京モーターショー2017 PART.2 

DSCN3527+

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事