2017/11/01 12:00

東京モーターショー2017【ホンダ PCX ハイブリット】

「ホンダスピリットが宿る」ハイブリッドコミューター PCX ハイブリッド

DSC_2891+

2輪車で初めて! のハイブリッドシステムを搭載したのがこのPCX ハイブリッド。総排気量124cc=原付2種、小型二輪免許で乗れるシティコミュター、PCXの車体にハイブリッドシステムを搭載したのがこのモデル。気になるエンジンとハイブリッドシステムの配置だが、現時点は撮影NGとのことなのでお見せすることはできないが、従来のPCX同様のアンダーボーン式のメインフレームの左右にエンジンユニットとハイブリッドシステムを搭載。ちなみにバッテリーはテールカウル下に置かれる。「ユニットの搭載にも苦労があった」とは言うものの「一番はHV特有のスロットルレスポンスの改善だった」とは同車の開発担当の大森氏。氏はここで一歩進んだHVの技術をホンダの4輪車の開発拠点である埼玉県和光市の研究所からノウハウを共有したという。使い勝手や燃費はもちろんのこと、走りにもこだわる1台。2018年に市販予定とのことで楽しみだ。

 

PCX HYBRID

二輪車では初となる独自のハイブリッドシステムを開発。高出力型のシチウムイオンバッテリーを採用し従来並みのコンパクトとトルクフルな走りの両立を実現

 

PCX ELECTRIC

会場ではPCX HYBRIDとならんで共通デザインのPCX ELECTRICも展示される。こちらはホンダ独自開発の高出力モーターと着脱可能なHonda Mobile Power Packを搭載した電動スクーターだ。

(レポート:編集部)

 

【関連記事】

最新&近未来を先取りできる! サプライヤー視点の東京モーターショー2017 PART.3

最新&近未来を先取りできる! サプライヤー視点の東京モーターショー2017 PART.2 

未来のクルマから市販化を予感させるモデルまで、「ワクワク」を感じさせる個性的なクルマが揃ったスズキ

DSC_2891+

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事