2017/11/01 18:50

2018年にアルピーヌA110のワンメイクレースがスタート!

1030_Alpine-A110-Cup_01

270psの専用エンジン搭載

 

アルピーヌはこのほど、新型アルピーヌA110をベースとしたレース車両「アルピーヌA110カップ」を発表した。この車両は2018年からFIA公認のアルピーヌ・ヨーロッパカップに参戦する顧客に販売される。車両価格は10万ユーロ(約1320万円)である。

 

1030_Alpine-A110-Cup_03

 

市販モデルに比べて40mm車高が下げられたアルミシャシーを採用。搭載エンジンは市販用を18ps上回る270psを引き出す1.8リッター直4ターボ。6速シーケンシャルギアボックスを組み合わせ、後輪を駆動する。

 

1030_Alpine-A110-Cup_02

 

リミテッドスリップディファレンシャルを備えたシャシーには、オーリンズ製サスペンションやブレンボ製ブレーキを組み合わせるほか、ミシュラン製のレース用タイヤを装着する。

 

1030_Alpine-A110-Cup_12

 

ロールケージを搭載したキャビンはサベルト製バケットシートや専用ステアリングホイールなどを装備。シーケンシャルシフトを操作するシフトパドルも備わる。

 

1030_Alpine-A110-Cup_14

 

アルピーヌ・ヨーロッパカップは、6回のミーティングと12回のレースで構成される。2018年シーズンは6月1〜6日のポールリカールを皮切りに、ドイツ、イギリス、ベルギー、スペインへと舞台を移す。なお、参戦するには別途、登録料2万ユーロ(約264万円)等が必要になるとのこと。

 

【関連記事】

新型「A110」で注目!「アルピーヌ」の名車を2分で振り返る

【ジュネーブショー2017】アルピーヌA110のスペックが明らかに

ルノーの新型スポーツカー「アルピーヌ」の新たな画像が公開

1030_Alpine-A110-Cup_01

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事