2017/10/30 19:00

「R」の技術を投入したメルセデスAMG GT Cが発売

1027_Mercedes-AMG-GT-C_04

557psのV8ツインターボ搭載

 

メルセデス・ベンツ日本は、メルセデスAMG GTシリーズに新たなモデルとなる「メルセデスAMG GT C」を設定し、10月25日より予約注文受付を開始した。価格は2219万円で、2018年上半期より順次デリバリーが始まる。

1027_Mercedes-AMG-GT-C_01AMG GT Cは従来のGT SとGT Rの間を埋めるもので、GT Rの技術を取り入れたエクスクルーシブなモデル。搭載エンジンは他のGTと同様M178の4リッターV8ツインターボで、557ps/680Nmのアウトプットを引き出す。AMGスピードシフトDCTによって後輪を駆動し、0-100km/h加速を3.7秒でこなす性能が与えられた。

 

1027_Mercedes-AMG-GT-C_02

 

ルックスの面では、GT Rと同様に15本の垂直フィンで構成するAMGパナメリカーナグリルの採用が目を引く。また、スタンダードモデルのAMG GT比で57mm拡大されたリアトレッドにより、トラクション性能が向上。より高いコーナリング速度が可能となっている。また、随所にあしらわれるクロームパーツはGT Cならではのアピアランスを作り出している。

 

1027_Mercedes-AMG-GT-C_03

 

GT Rと同様にAMGリア・アクスルステアリングが標準装備されている点も、このモデルの特色である。

 

今回、このGT Cの発表を機に、AMG設立50周年を記念した限定車「メルセデスAMG GT Cエディション50」が12台販売されることも発表された。こちらも標準モデルのGT Cと同時に予約受注がスタートしている。価格は2290万円。外装色はデジーノ・カシミアホワイトマグノまたはデジーノ・グラファイトグレーマグノが用意され、内装色はシルバーパール/ブラック。ブラックアクセントの入る専用デザインのヘッドライトや、専用のバッジ&AMGパフォーマンスステアリング、ブラッククロームペイントのクロススポーク鍛造アルミホイール(フロント19インチ/リヤ20インチ)といった特別アイテムが装備される。

 

【関連記事】

メルセデス・ベンツGクラスがグランドフィナーレに向け特別仕様を発表

「この道、この旅。」~群馬県つまごいパノラマライン編

ベンツGクラス、4×4スクエアードの特別仕様が登場! ただし……

1027_Mercedes-AMG-GT-C_04

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事