2017/10/24 09:53

【旅/ドライブ】YANASE presents

「この道、この旅。」~群馬県つまごいパノラマライン編

【旅/ドライブ】YANASE presents
「この道、この旅。」~つまごいパノラマライン編

yanase02美しい国を、愛しいクルマで

 

yanase03

FILE.11 群馬県つまごいパノラマライン 編

 

 

全国のヤナセから試乗車を借り、ドライブに出かける本企画。今回、秋のドライブスポットとして提案するのは、 群馬県の嬬恋村をほぼ一周するつまごいパノラマライン。実はこの道、正式には広域農道に分類され、トラクターがドコドコ走る幹線道路。「なぜ農道が人気ドライブスポット?」と思われるかもしれないが、答えはシンプル。とにかく走ると楽しいコースなのだ!

 

 

純粋に運転が楽しめる、贅沢なカントリーロード

 

 

澄んだ空、美しい紅葉、季節料理……。日本各地のドライブスポットが魅力的に染まる秋は、どこも甲乙つけがたい風情で、クルマを走らせたくなる。だからこそ、至極純粋にドライブを楽しめ、ステアリングを操る高揚感に昂ぶっていただきたい。そんな想いから今回提案したいのが、つまごいパノラマラインだ。

 

▲つまごいパノラマラインから逸れて脇道散策するのも面白い。浅間山を背景にした壮大な写真を撮れる場所も。

▲つまごいパノラマラインから逸れて脇道散策するのも面白い。浅間山を背景にした壮大な写真を撮れる場所も。

 

群馬県の嬬恋村の周りを約2/3周するドライブコースは、北軽井沢嬬恋ゴルフコースから浅間山の北側山麓を国道144号(長野街道)まで走る南ルートと、その交差点から茨木山麓、上砥草(かみとくさ)山麓を抜けて群馬県道59号まで走る北ルートから成る。関東からのアクセスもよく、打ってつけの日帰りドライブコースと言えるだろう。

 

▲足を伸ばして高峰高原の頂へ。つまごいパノラマラインは様々なスポットへアクセスしやすいのも利点。

▲足を伸ばして高峰高原の頂へ。つまごいパノラマラインは様々なスポットへアクセスしやすいのも利点。

 

ヤナセ高崎支店にて今回の試乗車であるメルセデス・ベンツC220dをお借りして、まずは軽井沢経由でスタート地点の南ルートへクルマを走らせる。

 

▲随一の紅葉スポット熊野大橋。

▲随一の紅葉スポット熊野大橋。

 

到着してすぐ出迎えてくれるのが広大なキャベツ畑。真夏のドライブならば、この青々とした景色がハイライトとなるだろう。緩やかなカーブと直線、適度なアップダウンが続き信号は極少。とにかく走っていて気持ちいい。交通量も少なくアクセルを踏み込みたくなるが、この道が国から与えられた名称は広域農道。そう、乗用車以外にもトラクターやコンバインが日常的に移動する道なのだ。

 

▲北軽井沢にある浅間大滝。陽が差し込むと光芒が見えることも。

▲北軽井沢にある浅間大滝。陽が差し込むと光芒が見えることも。

 

ペースダウンをしてトラクターとすれ違う時、ローカルルールなのか操縦する農家の方が軽く手を挙げて挨拶してくれた。牧歌的な雰囲気に身を委ね、急がずゆっくり走るのもまた、ドライブの楽しみ方である。そんな気づきに嬉々とするのも旅の一興となった。

 

▲南ルートはキャベツ畑通り抜ける爽快な道。

▲南ルートはキャベツ畑通り抜ける爽快な道。

北ルートへ差し掛かると緩やかな上り坂が続き景色も開けてくる。南ルートの約2倍の長さの北ルートは、浅間山の眺望に優れたセクションも多く、気分も高揚する。

 

▲景色も道も最高に気持ちいい!

▲景色も道も最高に気持ちいい!

 

そしてジェントルなドライブには、今回借りたディーゼルユニットを積む特別仕様車のローレウス エディションが適役であったことにも気づく。大げさなペダル操作を必要とすることなく、着実に坂を駆け上がり、標準装備された電子制御のエアサスペンションが、体を右へ左へと心地よく運んでくれる。ギクシャクした加速や乱暴な足回りのクルマなら、この爽快感は味わえなかったはずだ。

 

▲気軽にアクティビティを楽しめるスポットとして人気のバラギ湖。

▲気軽にアクティビティを楽しめるスポットとして人気のバラギ湖。

59号にぶつかれば、全長30kmのショートトリップもこれでおしまい。ここから周辺の立ち寄りスポットを巡るのもよいが、来た道をもう一度走りたくなる。運転が楽しい道、何度でも走りたくなる道。これこそ、最高に贅沢なドライブスポットではないだろうか。

 

 

 

つまごいパノラマライン~旅の風景

 

 

▲つまごいパノラマラインと交差する国道94号を南に1時間程走れば湯の丸高原。人懐っこい牛もかわいい。

▲つまごいパノラマラインと交差する国道94号を南に1時間程走れば湯の丸高原。人懐っこい牛もかわいい。

 

 

 

 

今回試乗車をお借りしたお店

株式会社ヤナセ 高崎支店

(メルセデス・ベンツ高崎)

 

〒370-0071 群馬県高崎市小八木町2034-1

TEL 027-363-1177/ショールーム

TEL 027-370-1193/アフターサービス

 

 

店舗規模とセールスパーソン数は北関東最大!

 

今年2月には群馬県初となるメルセデス・ベンツ認定中古車の拠点「メルセデス・ベンツ高崎 サーティファイドカーセンター」が新設され、いま近県からも注目を集めているヤナセ 高崎支店。「SUVブームもあり、GLA、GLCが最近は人気車種です」と試乗車の手配をしながら教えてくれたのは、入社2年目の嶋方さん。爽やかな笑顔でおっとりした雰囲気だが、実は本格的に音楽活動を行なっていた元ロックミュージシャン! 「子供の頃からずっとCLが憧れのクルマでした」とこだわりを持ち、上司からも将来が期待さるフレッシュマンだ。

 

yanase11A

 

 

 

 

 

yanase18A

 

 

ヤナセプレミアム輸入車のレンタルサービス

「ヤナセ プレミアムカー レンタル」のサービス拡充

 

ニッポンレンタカーとヤナセによるワンランク上のレンタカーサービス「ヤナセ プレミアムカー レンタル」にメルセデスAMG GT Sが新たにラインナップ。11月から、ニッポンレンタカー東京駅新丸ビル営業所(03-5208-4190)へ配備され、電話予約のみの受付となっている。

 

ビジネスユースや旅行での稼働が多かった「ヤナセ プレミアムカー レンタル」だが、今回投入されたのがスーパースポーツモデルだけに、ピュアなクルマ好きの食指が動くのも間違い無いだろう。

 

そして、GT Sは短時間の街乗りよりもロングツーリングがオススメ。紅葉深まる秋のドライブに是非ともステアリングを握っていただきたい。

 

ヤナセ オフィシャルサイト

https://www.yanase.co.jp

ニッポンレンタカーホームページ

http://www.nipponrentacar.co.jp

【関連記事】

メルセデス・ベンツGクラスがグランドフィナーレに向け特別仕様を発表

ヤナセのグループ会社が福祉車両の販売に参入。プレミアム感あふれるバリアフリー車両の年内提供開始を目指す

「R」の技術を投入したメルセデスAMG GT Cが発売

【旅/ドライブ】YANASE presents
「この道、この旅。」~つまごいパノラマライン編

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事