2017/09/29 13:30

日本グランプリ鈴鹿戦直前におさらい

新生F1グランプリの今季前半の状況とマクラーレン・ホンダF1の顛末について(後編)

02_H1I9315

さて、全体的な話題以上にシーズン前半のF1を騒がせたのが「マクラーレン・ホンダ劇場」である。鳴り物入りの再婚から3年足らず。互いの実情をよく調べもせず釣書だけを頼りに「過去の栄光の復活」という甘い夢で結びついた婚姻は、当然の帰結として破綻することとなった。年間100億円超えというPUの持参金と、F1どころかどのカテゴリーでも例を見ない10年とされる超長期契約を鎹(かすがい)に保たれていた婚姻が破局に至った最大の要因は、ホンダ製PUの進化のなさにある。「3年目に入ってもなお、CAEだかCADだかで設計したものをそのまま現物化すれば問題ないと思っているのか?」と責められても仕方のないトラブルが続出するPUを見限ったマクラーレンの心変わりを責める気にはなれない。

 

_J7I6955

 

ただ、違約金支払い義務回避のためか、裏に表にパートナーを貶め、離婚が決まってからもホンダの悪口をメディアにむかって言い立てるマクラーレン幹部の態度に、名は同じでも、ロン・デニス氏が統率しシューマッハー=フェラーリを相手に王座を争っていたかつての常勝軍団とは、まったく別のチームに成り下がったことを改めて痛感させられる。当時の主要メンバーはとっくの昔にチームを去り、資金不足を知恵で補う下位チームよりも潤沢な資金がありながら、それらとさして代わり映えのないマシンしか作れない、それが今のマクラーレンということだ。

 

06_H1I8161

 

いずれにせよ、この不毛な結婚とその結末の責任は、自分たちの技術力を冷静に見極めもせず、F1という名前と相手の看板を見て安易な妄想を抱いた末、クレージーとしか言いようのない契約を決めた当時のホンダ幹部にある。名ばかりの名門と別れ、来季から提携するトロロッソは、ともに戦うパートナーとして現在のホンダの身の丈に合っており、仕切り直しとなったF1活動の将来に新たな希望を見いだすことも可能な相手だ。なのにホンダ社内では「なぜトロロッソ?」という声も少なくないという。恐らく前身が万年資金不足の小規模チーム、ミナルディだったトロロッソの現在の実力を見くびっているのだろう。そんな社内の不遜にして蒙昧な声や、自分の立場を守るために相手を貶め続けた連中を見返すべく、ホンダの技術者たちは初心に立ち返ったうえで、謙虚に、そして大胆に、F1におけるモノ作りに挑戦して欲しい。

 

05_1704RUS-SEL_055

 

リポート 段 純恵 

フォト 熱田 護(Chrono Graphics)

 

【関連記事】

マクラーレンが個人向けのスペシャルモデルを製作

アストン・マーティンとレッドブル・レーシングがタッグを組む!

新生F1グランプリの今季前半の状況とマクラーレン・ホンダF1の顛末について(前編)

02_H1I9315

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •