2017/09/28 18:50

Eクラスで唯一の4WD+ディーゼル

メルセデス・ベンツE220d 4マティック・オールテレインがデビュー

0927_Mercedes-E220d-All-Terrain_01

ステーションワゴンとSUVの魅力を一台に

 

9月26日、メルセデス・ベンツ日本は、メルセデス・ベンツ初のクロスオーバーモデル「メルセデス・ベンツE220 d 4マティック・オールテレイン」を発売した。税込車両価格は861万円である。

 

オールテレインは、ステーションワゴンのボディフォルムを持ちながら、SUV譲りの高いアイポイントとロードクリアランスを備えたメルセデス初のクロスオーバー。Eクラスとしては4番目のボディタイプとなり、可変トルク配分型4輪駆動システム「4マティック」など、35年以上にわたるSUV開発の歴史のなかで培ったオフロード技術を採用し、オールラウンドな走行性能を備えている。また、Eクラス唯一の4輪駆動クリーンディーゼルモデルとなる。

 

Archivnummer: SSPIP70518

 

ボディサイズは全長4950×全幅1860×全高1495mmで、最低地上高は140mm。Eクラス・ステーションワゴンと比べて、全長と全幅で10mm、全高で30mm大きい。最低地上高は25mm高められ、一般的な駐車場に入る寸法ながら、高いアイポイントや乗降のしやすさといったSUVの特徴が与えられている。

 

0927_Mercedes-E220d-All-Terrain_05

 

エクステリアは、メルセデスのSUVモデルに共通する2本のフィンをあしらったフロントグリルや、前後バンパー下部のシルバークロームアンダーライドガード、ブラックのホイールアーチカバーが装着され、クロスオーバーモデルを主張する。ホイールは19インチの専用デザインとなる。

 

パワートレインは、195ps/400Nmを発揮する2リッター直4ターボディーゼルと9速AT(9Gトロニック)の組み合わせだ。

 

0927_Mercedes-E220d-All-Terrain_02

 

サスペンションには、車速や走行条件に応じてダンピング特性や車高を自動的に調整する電子制御式のマルチチャンバーエアサスペンション、「AIR BODY CONTROL」を採用。路面状況や運転状況、乗車人数、そして積載状況に応じて減衰力を常に最適に保つことができる。また、荒れた路面などでは、スイッチ操作で車高を0〜35mmまでの範囲で3段階まで選択することが可能だ。

 

0927_Mercedes-E220d-All-Terrain_06

 

また、スイッチ操作でエンジンやトランスミッションの特性を切り替える「DYNAMIC SELECT」のなかに専用の「オールテレイン・モード」を追加。このモードでは、トランスミッションがオフロードモードに切り替わり、AIR BODY CONTROLが35km/h以下の速度で車高を20mm高くすることで、雪道や悪路での走破性を高める。さらに、COMMANDディスプレイに「ステアリング角度」「車高」「前後および左右の車体の傾き」「ブレーキとアクセルの状態」「コンパス」を表示する専用画面が表示される。

 

0927_Mercedes-E220d-All-Terrain_03

 

【関連記事】

ベンツGクラス、4×4スクエアードの特別仕様が登場! ただし……

メルセデスSクラス次世代型に「SEC」が復活する!?

新型ジープ・コンパス、国内デビューは10月末

0927_Mercedes-E220d-All-Terrain_01

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •