2017/09/26 19:05

ロケーションはデトロイト

気鋭のデジタル・アーティストがジャガーEペイスを素材に!

0925_Jaguar-E-pace-WarpedReality_01

Eペイスによる“ありえない現実”

 

ジャガー・ランドローバーは9月22日、新型「ジャガーEペイス」の北米市場への導入を記念して、ユニークなアートワークを作成したと発表した。

 

0925_Jaguar-E-pace-WarpedReality_03

 

デジタル・アーティストのクリス・ラブロイが手がけたそれは、新型Eペイスを素材としたアニメーション動画で「ジャガー・キューブ」とネーミング。デトロイトの街を舞台に、遊び心満載のフィルムに仕立てられている。

 

0925_Jaguar-E-pace-WarpedReality_02

ラブロイは、新型Eペイスの遊び心あるキャラクターや、ロンドンでのワールドプレミア時に披露された「バレルロール」からインスピレーションを得て、この作品を作り上げたという。この作品で表現されたのは「歪んだ現実」。つまり、ジャガーEペイスが登場する“ありえない現実”が描かれているというわけだ。

 

0925_Jaguar-E-pace-WarpedReality_04

 

 

 

 

【関連記事】

ジャガーと元オリンピック選手がギネス記録を達成!

名車、ジャガーEタイプがEVで復活?

ジャガーXJR575がデビュー

0925_Jaguar-E-pace-WarpedReality_01

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •