2017/09/22 19:30

【スクープ】

4.0リッターV8で600馬力を発揮するという、レクサス「RC F」とはなんだ!?

レクサスの2ドアクーペ、「RC」の高性能モデルである「RC F」のカモフラージュが施されたプロトタイプがこのほどキャッチされた。

 

なんと、そのプロトタイプには最高出力477psを発揮する5リッターV型8気筒エンジンに代わる、4リッターV型8気筒エンジンが搭載されている可能性があるという。しかもその最高出力は600psとも予想されている。

 

捉えた開発車両はフロントにリップスポイラー、リアフェンダーの後ろにエアアウトレット、リアディフューザー、新デザインのリアバンパーが見られ、「RC F」のさらなる高性能モデル、「RC Fスポーツ」(仮称)であるらしいのだ。

 

2017年10月開催の東京モーターショーでその姿を見ることができるか、期待したいところだ。

 

【関連記事】

ホンダ「S2000」の後継モデルが2019年市販化に向けて加速中!

アルファロメオから新たにSUVが2モデル登場か! フラッグシップSUVには550ps以上モデルも!?

レクサスRXに3列シート仕様が追加!

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事