2017/09/16 19:00

【スクープ】

よりスポーティになって間もなく登場するスズキ「エスクード」をドイツ市街地でキャッチ!

Courtesy of Apollo News Service

「ライトクロカン」というジャンルを確立し、1988年に発売されて以来、30年近く人気を維持しロングセラーSUVとなっているスズキ「エスクード」。その改良された新型モデルがドイツ市街地で捉えられた。

 

実はこの夏(2017年7月)に2.0リッター並みの高出力を発揮する1.4リッター直噴ターボエンジン搭載の「エスクード 1.4ターボ」が追加されているのだが、この秋、更なる進化を見せてくるようなのだ。

 

主な変更点は、まず、スポーティさをアップするメッシュグリル、新デザインのエアインテークの他、新たな偽装からテールライトも変更されることが予想出来る。なお、ヘッドライトはダミーの可能性も高そうで、現時点では何ともいい難いのが正直なところ。トリム類など室内も刷新され、クオリティもアップているという情報だ。また、最新世代衝突軽減システム「デュアルセンサーブレーキサポート」が搭載され、安全装備も充実しそうだ。

 

エンジンは1.6リッターNAと1.4リッター直噴ターボとなるはずだ。

 

いよいよ間近に迫るワールドプレミアが待ち遠しい。

 

【関連記事】

これが次期型「アルファード」? トヨタの新型ミニバンコンセプトとはいったい!?

次期型「スープラ」に続き、レクサスとBMWのコラボで実現するという初のプレミアムコンパクトとは!?

トヨタ「カローラ」の次期型に260馬力のホットハッチが登場する!?

Courtesy of Apollo News Service

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •