2017/09/08 11:43

エンタメ機能もアクセル全開!

レーシングドライバーの小林可夢偉、新型サイバーナビのサウンドに好感!

CN01

去る9月6日、音響機器の国内大手であるパイオニアが、「carrozzeria CYBER NAVI(カロッツェリア・サイバーナビ」の2017秋モデルを発表。今回リリースされた新製品は、8V型LSメインユニット「AVIC-CL901-M」を筆頭に、7V型ワイドメインユニット「AVIC-CW901-M」、2Dメインユニット「AVIC-CZ901-M」といった同社の主力であるAV一体型メモリーナビゲーションに加え、ニッサン・セレナやトヨタ・アルファード/ヴェルファイア、ホンダ・ステップWGNなど、人気ミニバン車種専用にデザインされた大画面10V型サイバーナビとなる(すべて9月発売予定/オープン価格)。

 

H02_AVIC-CW901-M_雎・ス」鬮ア・「_

 

市販製品でトップレベルといえるカーナビ機能では、同社が10年に渡り培ってきたスマートループのノウハウとプローブで蓄積した膨大な交通データなどを専用サーバに集積。独自のアルゴリズムをもとに高効率かつ最適なルートを提案する「スーパールート探索」といった技術を進化させるとともに、メニュー画面を含めたユーザーインターフェイスを細部に至るまで洗練させてきた。

 

CN03

 

なお、2017秋の新製品最大のトピックは、ハイレゾ音源の再生をはじめとする高音質、超臨場感の徹底追求とのことで、サイバーナビをメインユニットにして、クルマで最上級のリスニング空間を構築する最先端の音響技術を惜しげもなく投入。エンタテインメント機能では、新音楽ストリーミングサービス「ミュージッククルーズチャンネル」の膨大な楽曲データから、ドライブの時間や場所など、環境の変化に合わせたチャンネルを提案する「ライブレコメンド」やシーンに合わせて自動で音楽を切り換える「オートライブレコメンド」の搭載といった大幅な進化も。

 

CN02

 

また、この発表会のトークゲストにはレーシングドライバーの小林可夢偉選手が登場。先頃行われたスーパーフォーミュラや世界耐久選手権メキシコ戦でのハプニングやチーム内の音楽事情といったエピソードを披露するとともに、オフの時にはドライブ用の音楽プレイリストを作成したり、自宅でパイオニア製のDJテーブルをプレイするなど、自身がかなりの音楽好きであることに言及。

 

CN01

 

また、カー用品店を訪れてクルマをリノベーションするという、小林選手が出演するパイオニアのウェブサイト・オリジナル企画では、サイバーナビをメインユニットにスピーカーシステムをカスタマイズしたところ、「音質の違いと音の深さを再認識した」と音楽マニアらしいコメントを残した。

 

【関連記事】

パイオニア ブース出展車両が決定!【ル・ボラン カーズ・ミート2017 神戸】

ル・ボラン カーズ・ミート 2017 横浜 開催レポート Part.8

パイオニア ブース出展車両が決定!【ル・ボラン カーズ・ミート2017 横浜】

CN01

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •