2017/09/04 11:55

カーシェアリングの未来像

「ヴィジョンEQフォーツー」は次世代のスマート?

0901_smart-visionEQ-fortwo_01

未来の都市モビリティの形を提案

 

ダイムラーは8月30日、未来の都市モビリティを提案するコンセプトモデルとして、「スマートEQフォーツー」を発表。9月12日に開幕するフランクフルト・モーターショーで初披露する。

 

0901_smart-visionEQ-fortwo_04

 

このコンセプトカーは、スマート・フォーツーの将来の方向性を示すひとつのヴィジョンとなるもの。ダイムラーでは、コネクテッド、オートノマス(自律運転)、シェア、エレクトリックの4つのキーワードで構成する企業戦略「CASE」を推進しているが、このコンセプトはこの戦略を具現化するものだ。

 

0901_smart-visionEQ-fortwo_07

 

つまりこのコンセプトモデルは、自律運転が可能なコネクテッドEVで、カーシェアリングでの使用を提案するものでもある。ダイムラーの展開するカーシェアリングサービス「car2go」は現在、世界で260万人以上が利用しているが、ダイムラーではそれが2025年にはおよそ3670万人に増加すると予想。スマートEQフォーツーは、この需要に応えるためのモデルとなる。

 

0901_smart-visionEQ-fortwo_02

 

コンセプトモデルのボディサイズは、全長2699×全幅1720×全高1535mmで、2名乗車のキャビンを備えている。車両には容量30kWhのバッテリーが搭載されている。インパネにはユーザーインターフェイス用の24インチ・ブラックパネルディスプレイが備わる。

 

【関連記事】

新型ニッサン・リーフ、テスラ・モデル3に対する勝算は?

さらに洗練! メルセデス・ベンツSクラス・クーペがアップデート

BMWが全モデルに電動化モデルを設定

0901_smart-visionEQ-fortwo_01

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •