2017/07/20 19:00

【スクープ】

ジャガー初の完全EV「I-PACE」市販型を捉えた! 航続距離はなんと500km

Courtesy of Apollo News Service

これまでスクープされていた「F-PACE」ボディから、本物ボディを使った「I-PACE」の市販型プロトタイプが捉えられた。「I-PACE」は言わずもがな、ジャガー初となる完全電気自動車である。

 

Jaguar I-Pace 1

 

2016年公開のコンセプトモデルと比べてみれば、大口のエアダクト、薄く横に長く伸びたヘッドライト、サイドに回り込むテールライト、角度のあるクーペスタイルのリアウィンドウなどが酷似していることがわかる。

 

Jaguar I-Pace 6

 

バッテリーは90kWhでフル充電でなんと500kmの航続距離を可能とし、90分で80%の充電が完了。最高出力400ps、最大トルク700Nm、0-100km/h加速は4秒というハイパフォーマンスぶりという。

 

Jaguar I-Pace 9

 

5名乗車可能でダッシュボードには最新マルチスクリーンシステムやコネクト機能が装備される「I-PACE」の価格は7万USドル(約840万円)程度と予想されている。

 

生産は2018年からオーストリアにあるマグナ・シュタイア工場になるという。

 

【関連記事】

レンジローバー・スポーツのPHV版が登場!

次期型「ジムニー」の走行シーンを動画で入手! 力強い加速とスムーズな走りがわかる!!

メルセデスSクラス次世代型に「SEC」が復活する!?

Courtesy of Apollo News Service

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •