2017/07/13 12:15

ベースはラピードAMR

アストン・マーティン初のEVは2019年

rapide-amr-selene-bronze-01

あのウイリアムズと共同開発

 

アストン・マーティンは同社初の電気自動車、「ラピードE」を2019年に生産すると発表した。アストン・マーティンの4ドアスポーツカー「ラピード AMRコンセプト」をベースに、EVパワートレインを搭載したモデルとなる予定だ。

発表では155台の限定生産であるが、今度多くのスポーツカーメーカーがEV戦略を仕掛けてくることから、アストン・マーティンもEVモデルをラインナップに加わえる可能性は非常に高い。

 

RapidE_01

 

「ラピードE」は、F1の技術開発でお馴染みのWilliams Advanced Engineering(ウイリアムズ・アドバンスト・エンジニアリング)と共同で開発にあたり、最高水準の技術力が投入される。

 

RapidE_02

 

そのハードウェアだが「ラピードS」が搭載するV型12気筒の6.0リッターエンジンを電動パワートレインに置き換え、同等のダイナミクス性能を実現する予定という。ちなみに「ラピードE」は四輪駆動を採用、最高出力は760hpを発生する。搭載される電動パワートレインの詳細は順次発表されることになっているが、瞬時にトルクが立ち上がる電気モーターの特性により、従来のアストン・マーティンでは体験できなかった高次元なドライビング・エクスペリエンスを提供するだろう。

 

RapidE_03

 

この発表のなかでアストン・マーティン社長兼最高経営責任者(CEO)のアンディ・パーマーは「私たちは、2015年10月にラピードEコンセプトを公開し、アストン・マーティン初の電気自動車生産に向けて準備することで、長い歴史の中における新たなマイルストーンを打ち立てました。ラピードEは、アストン・マーティンの本質である魅力的スタイルと最高のパフォーマンスに電動パワートレインを組み合わせるだけではなく、それをさらに強化します。内燃機関のエンジンは、1世紀以上にわたりアストン・マーティンの心臓部に搭載されてきました。それは、今後も数年は変わることはありません。しかし、世の中の急速な変化に対応可能な能力を示し、アストン・マーティンの哲学に忠実な新しいタイプのクルマを提供することも必要なのです」とコメントをしている。

 

【関連記事】

アストン・マーティンが電気自動車を生産

ボルボは2019年から全モデルが電動化へ

BMW iの高電圧バッテリーがマリンシステムとドッキング

rapide-amr-selene-bronze-01

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •