2017/07/07 17:10

ボディも含めてダウンサイジング

6代目シボレー・カマロが正式デビュー

0707_Chevrolet-Camaro_01

ワイド&ロースタイルを強調

 

7月6日、ゼネラルモーターズ・ジャパンは新型「シボレー・カマロ」を、2017年11月11日に発売すると発表した。モデルラインナップおよび税込車両価格は以下のとおり。

 

・シボレー・カマロLT RS:516万2400円

・シボレー・カマロ コンバーチブル:602万6400円

・シボレー・カマロSS:645万8400円

 

6代目に移行した新型カマロは、“Evolution is never without purpose(理由なき進化はない)”をコンセプトに、先代よりひとまわりコンパクトになる一方で、ワイド&ローが強調された筋肉質なボディやカマロのDNAを継承しながらさらに洗練度を高めたインテリア、カマロ初搭載となるマグネティックライドコントロール(カマロSS)、軽量かつ高剛性ボディに一新されたシャシーによる軽快な走り、先端テクノロジーを投入したコネクティビティ・インフォテイメントなど、格段の進化を遂げている。

 

0707_Chevrolet-Camaro_02

 

ボディはアルミニウム&コンポジット素材を各部に採用。21%の軽量化を達成したサスペンションシステムを組み合わせることにより、先代より90.7kgの軽量化を実現。フレーム剛性は28%強化され、運動性能の向上に繋げている。

 

ボディサイズは全長4780×全幅1900×全高1340mm(コンバーチブルは1350mm)で、先代より60mm短く、15mmナローに、40mm(コンバーチブルは45mm)低くなった。2810mmのホイールベースは先代より45mm短縮された。ボディカラーはレッドホット、サミットホワイト、ブラック、ブライトイエロー、ハイパーブルーメタリックの5色を設定。なお、コンバーチブルのソフトトップはブラックとなる。

 

17CHCA35000.psd

 

カマロSSには、カマロ史上もっとも力強いユニットとなる、461ps/617Nm仕様の6.2リッターV8OHV(LT1)を搭載。そしてカマロLT RSとコンバーチブルには、新開発の2.0リッター直4ターボエンジン(279 ps/400Nm)を積み、12.8km/L(北米ハイウェイモード)の燃費性能を実現させた。いずれもDCTに劣らないスムーズな変速を実現する8速ATを組み合わせる。

 

新型にはシボレーが独自に開発したインフォテイメントシステム「シボレーMyLink(マイリンク)」を標準装備。センターパネルには8インチのタッチスクリーンが装着され、Apple CarPlayやAndroid Autoに対応する。

 

【関連記事】

最強のシボレー・コルベット、ZR1のコンバーチブルが登場!

ホットホイールファンに向けシボレーが実寸の記念カマロを発売!

GMが自動運転のFCVプラットフォームを公開

0707_Chevrolet-Camaro_01

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事