2017/07/06 18:10

標準ボディもスポーティな装いに

メルセデス・ベンツVクラスにV220dスポーツが追加

標準ボディもスポーティな装いに
メルセデス・ベンツVクラスにV220dスポーツが追加
  • AUTHOR :
  • CATEGORY : ニューモデル
  • 標準ボディもスポーティな装いに
    メルセデス・ベンツVクラスにV220dスポーツが追加

専用の各専用装備でスタイリッシュになったVクラス

 

メルセデス・ベンツ日本は、同社「Vクラス」のラインアップに「 V 220 d Sports」を追加、7月5日より注文受付を開始した。なお、配車時期は2017年9月頃を予定している。

 

意外と知られていないことであるが、1998年に欧州のミニバンとして初めて日本に導入された「Vクラス」は、ワイドでスクエアなスタイリングと広く上質な室内空間にアレンジ自在なシートを備え、プレミアムミニバンというセグメントを確率。現在のモデルは2015年にフルモデルチェンジを行なった。

7名乗車のシートレイアウトや左右両側の電動スライドドア、リアエンターテインメントシステムなど日本での使いやすさを考慮し、専用アクセサリーなどの拡充を図ってきた。

その甲斐あって、「Vクラス」は日本でも累計販売台数2万台を超えるロングセラーモデルとなっている。

 

V_220_d_Sports_Exterior_4

 

さて、今回追加されたモデルだが、エクステリアではAMGデザインエクステリアの「フロントスポイラー」、「リアルーフスポイラーリップ」と、専用の19インチ AMG7ツインスポークアルミホイールを装備。インテリアには、「カーボン調インテリアトリム」、「ステンレスアクセル&ブレーキペダル(ラバースタッド付)」を備えている。

さらに、通常は有償オプションとして設定しているメタリックペイントを一部を除き無償オプションとしている。

 

V_220_d_Sports_Exterior_2

 

エンジンは直列4気筒2.2リッターBlueTECディーゼルターボで、最高出力163ps(120kW)/3800rpm、最大トルク38.7kg・m(380N・m)/1400~2400rpmを発生。このエンジンは世界でも厳しいとされる日本のディーゼル規制「ポスト新長期規制」に適合した日本専用開発のエンジンである。優れた環境性能と同時に扱いやすくストレスのない加速を提供、プレミアムミニバンとしての資質を損なわない高い静粛性も確保している。

 

V_220_d_Sports_Interior

 

「V 220 d Sports」  右ハンドル

2.2リッター直 4 直噴ディーゼル ターボ

車両価格¥6,800,000 (¥6,296,297)

 

【関連記事】

メルセデス・ベンツGクラスがグランドフィナーレに向け特別仕様を発表

「R」の技術を投入したメルセデスAMG GT Cが発売

「この道、この旅。」~群馬県つまごいパノラマライン編

標準ボディもスポーティな装いに
メルセデス・ベンツVクラスにV220dスポーツが追加

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事