2017/07/06 16:50

ついに「アート」認定!

フィアット500がMoMAの常設コレクションに

0705_Fiat500-MoMA_01

誕生60周年の節目に

 

7月4日、FCA(フィアット・クライスラー・オートモビルズ)は、フィアットの2代目チンクエチェント(NUOVA 500)が、MoMA(ニューヨーク近代美術館)の常設コレクションに加わったことを発表した。

 

0705_Fiat500-MoMA_06

 

1957年に登場した2代目チンクエチェントは、今年で生誕60周年。イタリア自動車界のアイコン的存在として、芸術的価値や文化的価値に対する特別な賛辞として、今回、常設コレクションに選ばれたとのこと。

 

0705_Fiat500-MoMA_02

 

MoMAのコレクションに加わったチンクエチェントは、1965から1972年にかけて生産され、最も人気を得たFシリーズ。18psを発揮する500ccエンジンが搭載され、最高速は95km/hだった。

 

0705_Fiat500-MoMA_16

 

ちなみに、チンクエチェントは1957年から1975年にかけて400万台を生産。世界中で愛された「偉大な小さなクルマ」として、大きな成功を遂げたモデルとなった。

 

0705_Fiat500-MoMA_18

【関連記事】

アルファ/ロメオ・ジュリアの日本上陸Xデーは9月6日に決定

あのブルガリとフィアット500がコラボ

フィアット500Xがアップデート

0705_Fiat500-MoMA_01

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •