2017/07/03 17:20

700psでも後輪駆動!

ポルシェ911 GT2RSがデビュー

700psでも後輪駆動!
ポルシェ911 GT2RSがデビュー

0-100km/h加速2.8秒、最高速340km/hを実現

 

ポルシェは、6月30日から7月2日まで英国で開催されたイベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」において、新型「ポルシェ911 GT2 RS」を世界初公開した。

 

もっとも速く、もっともパワフルで、公道走行可能な911となるGT2 RSには、700ps/750Nmを引き出す3.8リッターの水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載。7速デュアルクラッチのPDKを介して後輪を駆動する。1470kg(燃料満タン時)にとどめた2シーターボディを停止からわずか2.8秒で100km/hに到達させ、340km/hの最高速をマークする高水準の加速性能が与えられた。

 

0703_Porsche911-GT2-RS_04

 

GT2 RSに搭載されるエンジンは、911ターボS用の3.8リッターユニットをベースにターボチャージャーを大型化するとともに、水噴射によってインタークーラーを冷却する新しい冷却システムを採用している。

 

エクステリアではエアインテークやエアアウトレット、リアウイングが専用デザインとされ、エアロダイナミクスとデザインを高次元で両立していることが表現された。フロントフェンダーやホイールハウジングベント、スポーツデザインドアミラーのアウターシェル、リアサイドセクションのエアインテーク、リアエンドのパーツはカーボンファイバー強化プラスチック(CFRP)製となっている。タイヤサイズはフロントが265/35ZR20、リヤが325/30ZR21。ポルシェ・セラミックコンポジット・ブレーキ(PCCB)も標準装備されている。

 

アルカンターラとレザー、カーボン模様仕上げのパネルで占められているインテリアは、パドルシフト付きGT2 RSスポーツステアリングホイールを採用。シートはカーボン模様仕上げのフルバケットタイプだ。

 

0703_Porsche911-GT2-RS_06

 

オプションのヴァイザッハ パッケージを選ぶと、ルーフやスタビライザー、前後アクスルのカップリングロッドがカーボン製になるなど、約30kg軽量化される。

 

新型911 GT2 RSの登場を機に、ポルシェ デザインから限定ウォッチ「911 GT2 RSクロノグラフ」がデビューしたのもニュースだ。このウォッチは新型911 GT2 RSのドライバーのためだけに提供される。チタン製のケースには、フライバック機能と荷重経路を最適化したムーブメントブリッジを搭載。タングステン製の巻き上げローターは、911 GT2 RSのホイールをもとにデザインされている。

 

 

【関連記事】

現在のポルシェを象徴するカイエンの3代目がアジアプレミア。最強のスポーツツーリスモも登場!

ブレイデッド・カーボンファイバーホイールは世界初

380馬力の新型「ポルシェ718 ケイマン GTS」のプロトタイプ、ニュル高速テストを捉えた!

700psでも後輪駆動!
ポルシェ911 GT2RSがデビュー

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事