2017/06/30 16:30

ライトサイジングの選択肢?

アストン・マーティンDB11にV8モデルが追加!

0629_AstonMartin-DB11-V8_01

メルセデスAMG製エンジンを積む初のアストンマーティン

 

アストン・マーティンは6月28日、DB11にV8エンジン搭載モデルを追加設定したことを発表し、6月29日から英国で開催されているグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにて初公開する。

 

0629_AstonMartin-DB11-V8_06

 

搭載されるV8エンジンは、テクニカルパートナーであるメルセデスAMG製で、メルセデスAMG GTなどに搭載する4.0リッターのV8ツインターボユニットだ。専用のエアインテークやエキゾーストシステム、ウエットサンプ潤滑システムを装着して、DB11のキャラクターに完璧に適合するように調整されたほか、エンジンの電子的なキャリブレーションを実施。さらに新しいECUソフトを開発してエンジンのリプログラミングとスロットルマッピングを行ない、アストン・マーティン車ならではのエンジンフィールとサウンドを実現している。

 

0629_AstonMartin-DB11-V8_02

 

最高出力は510ps、最大トルクは675Nmを発揮し、8速ATを介して後輪を駆動。V12エンジン搭載車より115kg軽い装備重量1760kgのボディを停止から4.0秒で100km/hに到達させ、187マイル(約300km/h)の最高速を実現する加速能力を身に付けている。

 

0629_AstonMartin-DB11-V8_04

 

外観ではダーク・ヘッドランプベゼルや専用デザイン20インチアロイホールの装着に加え、V12モデルでは4つとなるボンネットベントがふたつになった。

 

0629_AstonMartin-DB11-V8_20

 

デリバリーは2017年第4四半期からが予定されており、英国市場での販売価格は14万4900ポンド(約2120万円)と発表されている。

 

【関連記事】

河口まなぶが「アストン・マーティンDB11」を試乗!

アストン・マーティン・ヴァルキリーの内外装が公開

ロールス・ロイス・ブラックバッジの最新作がお披露目

0629_AstonMartin-DB11-V8_01

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •