2017/06/19 16:30

本国では早くも……

アウディR8スパイダーに「V10プラス」が追加!

本国では早くも……
アウディR8スパイダーに「V10プラス」が追加!

アウディは、「R8スパイダーV10プラス」を発表した。

 

先日、全国26店舗のAudi Sport店にて販売が開始された「R8スパイダー」。(¥26,180,000)V型10気筒5.2リッターFSI自然吸気エンジンを搭載し、最高出力540PS、最大トルク55.1kgmとスーパースポーツとしては申し分ないスペックを有しているが、本国では早くも「R8スパイダー」の頂点に君臨する「R8スパイダーV10プラス」が発表された。

 

A177034_medium

 

「R8スパイダー」に対し出力は70PS向上の610PS、トルクでは2kgm向上の57.1kgmを発生する。ミッドシップに搭載されるV型10気筒5.2リッターFSI自然吸気エンジンは、排気量こそ変化がないがAudi Sportの手によってパワーアップが図られ、最大許容回転数は8,700rpmに達する。アウディの量産ユニットでは最大のパフォーマンスだ。これにより0-100km/h加速は0.3秒短縮されて3.3秒、最高速度は、10Km/hプラスの328km/hを記録。世界最速のオープンモデルのひとつであることは間違いない。

 

A177035_medium

 

「R8スパイダー」と同じく、駆動システムは4WDの「quattro」を採用、トランスミッションはデュアルクラッチの7速「Sトロニック」のみでMTの設定はない。

 

A177042_medium

 

ブレーキはカーボンセラミック製ローターを純正採用し、フロント6ピストン、リア4ピストンキャリパーを組合わせる。装着されるタイヤサイズは、フロント245/35R19、リア295/35R19。オプションで、フロント245/30R20、リア305/30R20も選択できる。

 

A177039_medium

 

アルミとCFRPを組み合わせた「アウディ スペース フレーム」を採用し、ねじれ剛性を先代モデルより50%向上させている点はノーマルのスパイダーと同じ。走行中でも50km/h以下であれば操作可能な油圧電動式のクロス製ソフトトップは20秒で開閉を行なうことが可能だ。

 

 

A177036_medium

 

インテリアでは、クーペ同様、12.3インチのTFTディスプレイをドライバー正面のメーターに採用。スピードメーターやタコメーターのサイズやデザインの変更、ナビゲーションシステム、車輌情報をモニターに仮想現実の計器として表示する「アウディ バーチャル コックピット」やApple Car PlayとAndroid Autoを車内で利用できる「アウディ スマートフォンインターフェイス」といった最新デバイスを当然ながら完備する。

 

A177043_medium

 

 「R8スパイダー V10プラス」のドイツ本国における価格は、20万7,500ユーロ(約2,570万円)から。今夏以降から納車予定だ。

 

【関連記事】

アウディが従業員研修にVRを導入

アウディQ5が待望のデビュー

アウディ ブース出展車両が決定!【ル・ボラン カーズ・ミート2017 神戸】

本国では早くも……
アウディR8スパイダーに「V10プラス」が追加!

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •