2017/06/07 19:30

シリーズのトップモデルが登場!

MINIクロスオーバーにJCWモデルが追加

ビー・エム・ダブリューは、MINIクロスオーバーのラインナップにトップモデルとなるMINI John Cooper Works Crossover(ジョン・クーパー・ワークス・クロスオーバー)を追加。全国のMINI正規ディーラーで販売を開始した。

 

 

現行MINIで最強のスペックを獲得

 

 

エンジンは、同世代のクーパーSに搭載されているBMWグループの2リッター4気筒ガソリンエンジンがベースだが、他のジョン・クーパー・ワークスモデルと同様専用にチューニング。最高出力170kW(231PS)/5,000rpm、最大トルク350Nm/1,450-4,600rpmと現行MINIシリーズで最強のスペックを手に入れている。そのパフォーマンスは0-100km/h加速が6.5秒。より車重の軽いMINI3ドア・クーパーSに迫る加速性能を実現している。

 

 

また、MINIクロスオーバーでは初採用となる8速オートマチックトランスミッション(マニュアルモード付き)に加え、さまざまな路面状況でも安定した走行を実現するMINI独自の4輪駆動システム「ALL4(オールフォー)」も搭載。John Cooper Works専用チューニングが施されたスポーツ・サスペンション、さらに、コーナリング時のトラクションとハンドリング性能を向上させるエレクトロニック・ディファレンシャル・ロック・コントロール(EDLC)、パフォーマンス・コントロールを備えたダイナミック・スタビリティ・コントロール(DSC)も標準で搭載される。

 

 

一方、エクステリアはJohn Cooper Works専用デザインのエアロダイナミック・キットを纏い、サイド・スカットルにはJohn Cooper Worksのロゴが刻印。フロントに赤く塗装された4ポッドキャリパーを奢るブレーキシステムはイタリア、ブレンボ社と共同開発されたものだ。また、ホイールはJohn Cooper Works専用デザインとなる18インチ・アロイ・ホイールで足元もスポーツモデルに相応しい装いとなっている。

 

 

ちなみに安全装備も最新のMINIらしく充実。衝突回避・被害軽減ブレーキや前走車に追従するアクティブクルーズコントロール(ACC)、ヘッドアップディスプレイ(HUD)なども標準で装備する。

 

 

モデル名:MINI John Cooper Works Crossover

エンジン:2.0リッター /直列4気筒 MINIツインパワー・ターボ

トランスミッション:8速AT

価格(税込み):¥ 5,560,000

 

 

【関連記事】

NICOLE Circuit Day(ニコル・サーキット・デイ) at Fuji Speedwayを開催

EV版とは対極のMINIジョン・クーパー・ワークスGPコンセプト発表

BMWが全モデルに電動化モデルを設定

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事