2017/06/01 18:00

加速性能はクラストップ!

メルセデスAMG E63S 4マティックプラスが登場

PI10_2016_Mercedes-AMG E-Class_W213

メルセデス・ベンツ日本は5月31日、Eクラスのトップパフォーマンスモデルとなる「メルセデスAMG E63 S 4マチック+」を1774万円(税込)で発売した。

 

3.4秒の0-100km/h加速はセグメントトップ

 

搭載エンジンはM177型の4.0リッターV8ツインターボで、612ps/850Nmを引き出す。AMG63シリーズでは初となる9速AT仕様の「AMGスピードシフトMCT」を組み合わせ、「AMG 4マチック+」を介して全輪を駆動。停止から100km/hまでを3.4秒でこなすセグメントトップの加速性能を実現。ちなみに、このエンジンスペックや加速性能は、先代型と比べて+27ps、+50Nm、−0.2秒の向上である。なお、このV8ツインターボエンジンには気筒休止機構が備わり、燃費向上も追求されている。

 

Archivnummer: SSPIP70642

 

「AMG 4マチック+」はメルセデスAMGが開発した新しい4輪駆動システムで、前後の駆動力は50:50から0:100の範囲で配分される。0:100の完全後輪駆動時には、サーキット走行時などにおいてドライバーの意のままに操ることができる「ドリフトモード」が新たに搭載されている。

 

搭載されるAMGライドコントロール・スポーツサスペンションは、コーナリング時やブレーキング時には、硬いスプリングレートに瞬時に切り替えることで、高い安定性と思いのままの俊敏なハンドリングを実現。さらに、走行状況に合わせて4輪それぞれを電子制御する連続可変ダインピングシステムを採用することで、快適な乗り心地からダイナミックな走りまで、センターコンソールのスイッチで「Comfort」「Sport」「Sport+」の3つのモードを選ぶことができる。高速走行時には、車高を下げて走行安定性を向上させる。

 

AMGダイナミックセレクトは、快適なクルージングからサーキットでのダイナミックなパフォーマンスまで、センターコンソールのスイッチを操作するだけでドライバーが望むキャラクターにセッティング可能なシステム。トランスミッションのシフトプログラムに加え、エキゾーストシステムを含むエンジン特性、サスペンション、ステアリング特性、3ステージESP、ECOスタートストップ機能が連動して変化。また、サーキットでの停止状態から最適な加速を可能にする「RACE」モードは、従来よりもシステム起動の操作が簡略化された。

 

外観ではAピラーより前方を専用にデザイン。AMGのセダンとしては初めて、ボンネットをフェンダーとバンパーの内側にはめ込む、クーペ的なデザインを採用。まったく新しい、ダイナミックな造形としている点も見逃せない。幅広いフロントエプロンやフェンダーに飾られたシルバークロームのアローシェイプ、ブラックにペイントされた20インチのセンターロックホイールも、このモデル独特のディテールだ。

 

AMGパフォーマンスステアリングホイールを備えるインテリアでは、ナッパレザー張りのダッシュボードやIWCデザインのアナログ時計、クリスタルグレーのシートベルトが目をひく。ブラック、ナッツブラウン、マキアートの3種類から選べるナッパレザーのシートはラテラルサポートが強化され、高速走行時のサポートが強化されている。

 

 

【関連記事】

アストン・マーティンDB11にV8モデルが追加!

メルセデスAMG GT Rが発売!

メルセデス・ベンツの「AMG S63/S65」も新型に【上海モーターショー2017】

PI10_2016_Mercedes-AMG E-Class_W213

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事