2017/04/29 11:50

ミニバン?それともSUV?

「CX-8」ってなんだ!? マツダが新型クロスオーバーの日本導入を発表

Text:Yasushi HOSODA Photo:MAZDA MOTOR CORPORATION

マツダは4月28日、国内向け新世代モデルとしては初となる3列シートの新型クロスオーバーSUV「マツダCX-8」を、2017年中に国内で発売すると発表。インテリアのティーザー画像を公開した。

 

スカイアクティブD 2.2を搭載

 

CX-8は、スカイアクティブ・テクノロジーとデザインテーマ「魂動-Soul of Motion」を全面的に採用したマツダの新世代商品群の最新モデルであるとともに、国内市場向けSUVラインナップの最上位モデルに位置付けられる。

 

ボディサイズは全長4900mm×全幅1840mm×全高1730mmで、ホイールベースは2930mmと発表された。3列シートによる乗車定員は6名および7名だ。エンジンはスカイアクティブD 2.2(2.2リッター直列4気筒ディーゼルターボ)で、トランスミッションは6速ATのスカイアクティブ・ドライブとなる。

 

なお、3列シートのマツダ車といえば海外専用モデルの「CX-9」が思い出されるが、あちらは全長5065mm×全幅1961mm×全高1717mmとふたまわりほど大きい。ただしホイールベースは2929mmと、CX-8と同等の長さ。一方、「CX-5」は全長4545mm×全幅1840mm×全高1690mmなので、CX-8はCX-5のロングホイールベース仕様ともいうべきモデルなのかもしれない。またインテリアの写真を見るとクーペのようなルーフラインを描くため、スタイリングは中国専用モデル「CX-4(下)」のような流麗なものになることが予想される。

 

 

マツダの小飼雅道代表取締役社長兼CEOは、次のようにコメントしている。

 

「CX-8は、マツダらしい走りやデザイン・質感を備えながら、3列目まで大人がしっかり座れるパッケージングを実現した新型クロスオーバーSUVであり、多人数乗車とともに上質さをお求めになるお客様に向けた、マツダの新しい提案です。マツダは今後も継続的な進化を続けながら、すべてのお客さまに走る歓びと優れた環境安全性能をお届けすることで、お客さまとの間に特別な絆を持つブランドを目指してまいります」。

 

2017年中の発売ということは、東京モーターショーでワールドプレミアされる可能性も高そうだ。続報に期待したい。

 

 

【関連記事】

マツダ ブース出展車両が決定!【ル・ボラン カーズ・ミート2017 横浜】

マツダ2016年度世界生産、約159万台で過去最高記録を更新

マツダ「デミオ」がマイナーチェンジ、最新バージョンが発売

Text:Yasushi HOSODA Photo:MAZDA MOTOR CORPORATION

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •