2017/04/27 21:33

「CX-4」「CX-5」が増加に貢献

マツダ2016年度世界生産、約159万台で過去最高記録を更新

Text:LE VOLANT BOOST Photo:MAZDA MOTOR CORPORATION

マツダが発表した2016年度(2016年4月~2017年3月)の世界生産および国内販売実績によると、世界生産は前年比1.3%増の159万1808台となり、過去最高記録を更新した。その一方で国内販売はやや厳しく、12.8%減となる20万2695台に落ち着いた。

 

SUVの増産で巻き返しはなるか?

 

国内生産はモデル末期の「アテンザ」、新車効果が一巡した「アクセラ」がそれぞれ12.2%減、4.1%減とふるわなかったものの、新型に切り替わった「CX-5」が0.8%増の32万4085台と堅調に推移。全体では2.5%減となる96万4640台となった。海外生産は順調で、7.8%増となる62万7168台に。「アクセラ(+3.0%)」と中国専売モデルの「CX-4」が貢献することとなった。なお、後者の生産は6万1台を数えている。

 

MAZDA FT2016 SALES DATA (3)

 

12.8%減となった国内販売だが、これは「デミオ」の減少によるところが大きい(19.4%減の5万3318台)。だし3月単月をみると新型CX-5が223.3%増となる9668台を販売するなど、明るい兆しも。来年度は新型アテンザの登場も噂されている。マツダの逆襲に期待しよう。

 

国内生産/主要車種実績
「CX-5」:32万4085台(前年同月比+0.8%)
「アクセラ」:20万6253台(同-4.1%)
「アテンザ」:12万2231台(同-12.2%)

 

海外生産/主要車種実績
「アクセラ」:26万109台(前年同月比+3.0%)
「デミオ」:9万9730台(同-14.4%)
「CX-4」:6万1台(同+599910.0%)

 

国内販売/主要車種実績
「デミオ」:5万3318台(前年同月比-19.4%)
「アクセラ」:2万8745台(同+22.4%)
「CX-5」:2万7167台(同+2.3%)

 

【関連記事】

マツダ ブース出展車両が決定!【ル・ボラン カーズ・ミート2017 横浜】

「CX-8」ってなんだ!? マツダが新型クロスオーバーの日本導入を発表

マツダ「デミオ」がマイナーチェンジ、最新バージョンが発売

Text:LE VOLANT BOOST Photo:MAZDA MOTOR CORPORATION

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •