2017/04/21 18:30

5台限りの中国向け英国“風”仕様も

アストンマーティンの高性能ブランド「AMR」が大陸に進撃

0421_AstonMartin-ARM@Shanghai_01.jpg

上海モーターショー2017におけるアストンマーティンの出展内容は充実したものとなった。

 

わずか5台のみが製作される「V8ヴァンテージSグレートブリテン・エディション」は、アストンマーティンのパーソナライズプログラム「Q by Aston Martin-Commission」による中国市場専用モデルだ。

 

0421_AstonMartin-ARM@Shanghai_02.jpg

 

208万8000人民元(約3310万円)で販売されるこのグレートブリテン・エディションは、ストレータス・ホワイトをベースとしたボディに、ブルーのミラーカバーやリアディフューザーを装着。ボディ前後のウイングバッジは、英国国旗ユニオンジャックに使われるレッド/ホワイト/ブルーのカラーが用いられた特別なものに。深い色味が特徴的なインテリアカラーはオーロラ・ブルーで、スペシャルモデル「ザガート」に用いられたウェーブ・キルティングが採用されている。センターパネルのコントロールノブはアルマイトブルーだ。

 

アストンマーティンのエグゼクティブ・バイス・プレジデント兼チーフクリエイティブ・オフィサーのマレク・ライヒマンは、次のようにコメントしている。

 

「Q by Aston Martinは、2012年の立ち上げ以来、大きな成長を遂げています。私たちは、お客様とともに作業をする機会を通じて、パーソナリゼーションを新たな次元へと引き上げました。弊社は、中国市場を非常に重視しています。中国のお客様を念頭において、Q by Aston Martin Commissionが特別にデザインしたV8ヴァンテージSグレートブリテン・エディションの製作を発表したことは、その取り組みを具体的に示すものです」。

 

さらにアストンマーティンは同ショーにおいて、高性能ブランド「AMR」も発表。この新サブブランドは、アストンマーティンのレースの血統を反映し、モータースポーツからテクノロジーとインスピレーションを受けて、モデルラインナップ全体にわたってスポーティな本質の強化を図るもの。動力性能を強化し、よりシャープなハンドリングとパワフルなデザインを与えることによって、AMRはアストンマーティンのロードカーを新しいエキサイティングな高みへと導く。

 

同ショーでアジアデビューを飾った「ラピードAMR」は、AMRの第一弾となるモデル。動力性能やシャシー、スタイリングに改良を加えるとともに、インテリアにも特別な仕様を施す。一方、「ヴァンテージAMR Pro」は、レースカーのテクノロジーをロードカーに移植するというAMRの「サーキットからターマックへ」の哲学を妥協なく具現化した。

 

アストンマーティンのアンディ・パーマー社長兼CEOは、AMRについて次のように説明している。

 

「AMRは、いつかは実現したいコンセプトでした。ヴェンテージGT8やヴァンテージGT12といったクルマにより、我々のお客様がレースの血統を持つモデルを好むことが証明されました。しかし時として、パフォーマンスをより研ぎ澄ましたクルマをつくる機会が与えられても、生産仕様としては、本格的なレースカーのようなモデルには至らないことがあります。AMRブランドにより我々は、そうした機会を実現する完璧なプラットフォームを得ることができました。上海で公開されたラピードAMRと、ジュネーブショー2017で発表されたヴァンテージAMR Proは、市販化が確認されています。ラピードAMRは210台の限定、ヴァンテージAMR Proはさらにレアなリミテッドエディションとして、最大7台の製作が予定されています。これらのモデルは、非常にエキサイティングなプログラムの最初のステップであり、今後、順を追ってアストンマーティンが提供するモデルのそれぞれに、AMR仕様が登場することになります」

 

 

【関連記事】

アストンマーティン新プラントの贅沢なPVが公開

アストンマーティン「ヴァンキッシュS」に「レッドアローズ・エディション」が登場

アストンマーティンが新型SUV「DBX」の生産に向け新工場の建設に着手

0421_AstonMartin-ARM@Shanghai_01.jpg

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •