2017/04/21 18:00

ワイルドでもスマート?

スマート「フォーフォー」がSUVルックで新登場【上海モーターショー2017】

0421_Smart-forfour-Crosstown_01

ダイムラーは上海モーターショー2017において、「スマート・フォーフォー・クロスタウン・エディション」を初披露した。

 

充実装備で新たなスマートのカタチを提示

 

このモデルは、グラファイトグレーとブラックの2トーンにペイントされたボディの前後にアンダーガードを、そしてサイドにスカートを装着し、クロスオーバールックに仕立てているのが特徴。これらのパーツは取り外しが可能で、手軽にSUVルックに変身できる。パワートレインは90ps仕様のガソリンエンジンと5速MTの組み合わせで、23.3㎞/Lの燃費をマークする。

0421_Smart-forfour-Crosstown_02

 

さらにこのモデルには「アーバンスタイルパッケージ」が採用されており、16インチのY字型デザインホイールや10㎜ローダウン化されたスポーツサスペンション、クロームメッキ仕上げのテールパイプトリムのほか、3スポークステアリングホイールやスポーツペダル、ブラッシュドステンレススチールのデコレーションパネルなどを装備。さらにLEDのデイタイムライトやリアコンビランプ、レインセンサー付きフォグランプなど、機能性も高められている。

 

販売に関しては今のところ明言されていないものの、スマートの新たなカタチとして、大きな反響を呼びそうだ。

 

 

【関連記事】

「ヴィジョンEQフォーツー」は次世代のスマート?

スマート・フォーツーの新型EV

スマートのファンミーティングがスペインで開催

0421_Smart-forfour-Crosstown_01

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •