2017/04/19 18:40

内外装を刷新、安全性も向上 

レクサスのミッドサイズSUV「NX」の新型がデビュー【上海モーターショー2017】

lexus_nx300_008_f sport

レクサスは、上海で4月19日(水)~28日(金)に開催される第17回上海モーターショーでマイナーチェンジされた新型コンパクト・クロスオーバーSUV「NX」を出展する。

 

日本での発売は2017年秋

 

今回発表された新型NXは、エクステリアデザインを一層進化させ洗練された力強さを表現。インテリアもさらなる質感向上を図るとともに、予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を新たに採用。安全運転支援の強化を図るなど、先進装備を充実させて快適性・利便性を高めている。なお、日本での発売は2017年秋頃を予定している。

 

lexus_nx300_005_f sport

 

また、レクサスではターボエンジン搭載ラインアップの充実にともない搭載車のグレード名称を随時変更していく予定。今回発表されたNXについては、2.0リッターターボエンジン搭載車をNX300としている。

 

 

デザインにおいては、従来型のコンセプト「プレミアム・アーバン・スポーツギア」をさらに追求し、SUVのスポーティさと力強さが融合したデザインを一層際立たせている。

 

まず、フロント周りはバンパーをより鋭く低重心なイメージの造形としたほか、スピンドルグリルをLX、RXとの共通性をもつレイヤー状のデザインに変更してレクサスのSUVとしての独自性を表現。三眼式のLEDヘッドランプは、超小型LEDランプユニットの採用によりシャープかつスポーティな表情を実現している。

 

また、リアにおいてはL字を強調した新デザインのリアコンビネーションランプを採用。さらにLEDシーケンシャルターンシグナルランプを採用することで、先進性も表現している。

 

一方、インテリアはヘッドアップディスプレイ(HUD)と一体化したメーターフードや、シンプルかつ機能的なスイッチ配置としたセンタークラスターを採用。内装部品を刷新することで、優れた操作性を実現した。また10.3インチワイドディスプレイや、新型リモートタッチを新搭載してナビゲーションやオーディオの使い勝手も高めている。さらにキックオープン機能付きパワーバックドアなどの採用によって、最新のプレミアムSUVに相応しい利便性も獲得している。

 

走りについても進化している。サスペンションのチューニングを見直したことで、車体のロール特性や操舵の応答性が向上。アブソーバーの変更により乗り心地も向上している。また新型AVS(アダプティブ・バリアブル・サスペンションシステム)を採用したことで、一層きめ細かい減衰力制御を実現。操縦安定性・乗り心地を向上させるなど、運転の愉しさと優れた快適性を両立した。

 

安全性も最新モデルらしい進化を遂げた。「統合安全コンセプト」に基づいて開発された、低速域から高速域までの衝突回避または被害軽減を支援する予防安全パッケージ「レクサス・セーフティ・システム+」が標準設定されている。

 

 

【関連記事】

4.0リッターV8で600馬力を発揮するという、レクサス「RC F」とはなんだ!?

次期型「スープラ」に続き、レクサスとBMWのコラボで実現するという初のプレミアムコンパクトとは!?

レクサス ブース出展車両が決定!【ル・ボラン カーズ・ミート2017 神戸】

lexus_nx300_008_f sport

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •