2017/04/17 20:50

車がプカプカ流れて移動!?

新型シビックも製造! ホンダの最新タイ工場がまるで遊園地!?

Text :Satoshi SAITO  Photo:Satoshi SAITO / HONDA MOTOR CO., LTD

バンコクモーターショーを取材するタイミングで、タイにおけるホンダふたつ目の生産拠点となる「プラチンブリ工場」を見学することができた。

 

洪水被害の経験を生かして

 

ホンダは1983年にタイで4輪車の販売を開始。1996年にバンコクの北約80kmにある古都アユタヤに4輪生産工場を設立し、完成車のタイ国内自社生産を開始する。そして2000年には製造会社と販売会社を一体化、「ホンダ・オートモービル(タイランド)カンパニー・リミテッド(HATC)」を設立。その後タイマーケットの伸長に合わせて生産ラインの増強を進めている。

 

プラチンブリ工場は、タイ国内およびアジア太平洋地域の需要拡大を視野に入れて建設されたHATCのふたつ目の工場拠点。バンコク市内から東に約150km、タイ・プラチンブリ県ロジャーナ工業団地内に21.4万平方メートルの敷地を有している。なお、2011年の洪水で被害に遭ったアユタヤ工場の経験から、若干ながら標高の高いところに工場を建設したそうだ。

 

同工場のコンセプトは「人の作業と先進技術を最適化し、品質の高い製品を市場に提供する」。これに基づき、ホンダらしいユニークで高効率な生産技術が採用されている。

 

HONDA THAILAND FACTORY (2)

 

そのひとつに世界初となる流動型セル生産方式「ARC(アーク)ライン」がある。このラインでは生産工程にあるクルマがパレットに乗り、楕円形に設置された組み立て工程の半周を500秒かけて移動。その間5人ひと組の作業スタッフがこのパレットに乗って必要な作業を行い、作業を終えたら次のパレットに移動する。これによって作業スタッフの移動距離を大幅に短縮することができ、負担を軽減。作業効率も約10%アップするという。

【関連記事】

ホンダ「シビック・タイプR」の歩みを2分で知る

シビックSiクーペ&セダンが正式デビュー

【ジュネーブショー2017】ホンダ新型「シビック・タイプR」量産モデルが初公開

Text :Satoshi SAITO  Photo:Satoshi SAITO / HONDA MOTOR CO., LTD

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •