2017/04/11 22:08

低燃費と大トルクで426万円!

プジョー新型「3008」に待望のクリーンディーゼル「GT」が追加

Text:Shintaro TOGAWA Photo:PEUGEOT CITROËN JAPON

この3月に日本へ導入されたばかりのプジョー新型「3008」。そのエンジンラインナップはガソリン仕様の1.6リッター直列4気筒ターボエンジン(最高出力165ps、最大トルク240Nm)のみであったが、プジョー・シトロエン・ジャポンは最新のクリーンディーゼルエンジン「ブルーHDi」を搭載した「3008 GT ブルーHDi」を追加導入することを発表した。

 

最新のデジタルコクピットも搭載

 

導入時期は8月以降を予定。そのスペックはガソリン仕様を凌ぐもので、2.0リッター直列4気筒ディーゼルターボエンジンは、最高出力180ps/3750rpm、最大トルク400Nm/2000rpmを発生。JC08モード燃費は18.7km/Lを実現している。

 

インテリアも大きな注目点であり、新世代の「New i-Cockpit」を採用。これは、従来の物理メーターを配し、12.3インチの高解像度モニターを採用したいわばバーチャルコクピットで、メーターデザインの変更や走行に必要な情報だけを表示することが可能。また、インパネ中央にはタブレットを思わせる8インチタッチスクリーンが搭載され、カーナビゲーションを始め、さまざまな車両設定を可能としている。

 

PEUGEOT 3008 GT BLUE HDi (2)

 

ボディサイズは4450×1840×1630mm(全長×全幅×全高)。新プラットフォーム「EMP2(Efficient Modular Platform 2)」を採用し、大幅な軽量化を実現しているのも特徴だ。

 

またクラストップレベルの安全性を誇り、「アクティブセーフティブレーキ」「レーンキープアシスト」「アクティブブラインドスポットモニターシステム」「インテリジェントハイビーム」「ドライバーアテンションアラート」「スピードリミットインフォメーション」「アクティブクルーズコントロール(ブレーキサポート付)」「ワイドバックアイカメラ」「フロント&バックソナー」「LEDヘッドライト」などを標準装備している。

 

 

【関連記事】

東京ミッドタウンでプジョー新型「3008」の体感イベントが開催

プジョー「208」に特別限定車「アリュール・シエロ・プラス」が登場

プジョーのミッドサイズSUV、新型「3008」が日本上陸

Text:Shintaro TOGAWA Photo:PEUGEOT CITROËN JAPON

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •