2017/04/03 17:02

ソフトトップとのダブル受賞!

マツダ「ロードスターRF」がデザインアワード「レッド・ドット賞」で最高評価を獲得

Text:LE VOLANT BOOST Photo:MAZDA MOTOR CORPORATION

最もデザインに優れた工業製品に選出

 

マツダ・ロードスター(海外名:MX-5)のリトラクタブルハードトップモデル「ロードスターRF(同:MX-5 RF)」が、権威のあるデザイン賞の「2017年レッド・ドット賞」において、プロダクトデザイン部門の「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」を獲得した。

 

このベスト・オブ・ザ・ベスト賞は、レッド・ドット賞のプロダクトデザイン部門における最高の賞で、特に優れている工業製品に贈られるもの。ロードスターは2015年にソフトトップモデルが同賞を受賞しており、両モデルでの受賞となる。

 

レッド・ドット賞は、ドイツの「Design Zentrum Nordrhein Westfalen(ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター)」が主催する約60年の歴史を持つデザイン賞。自動車に限らない世界各国の幅広いカテゴリーの工業製品から、デザインの革新性、機能性、人間工学などの9つの基準に基づいて審査され、優秀賞が決定する。マツダはこの賞で2013年には「アテンザ」、2014年には「アクセラ」のハッチバックモデル、2015年には「CX-3」が「レッド・ドット賞」を受賞したほか、2015年には「デミオ」が特別賞の「オーナラブル・メンション賞」を獲得している。

 

今回の受賞に関し、デザイン・ブランドスタイルを担当するマツダの前田育男(まえだ いくお)常務執行役員は、「MX-5 RFではMX-5の新しい方向性に挑戦しました。このクルマは、デザイナー同士はもちろん設計や生産技術のエンジニアがいままで以上にチーム一丸となって創り上げたもの。このクルマに関わった全員でこの賞を喜びたいと思います」とコメントした。

 

【関連記事】

マツダ「デミオ」がマイナーチェンジ、最新バージョンが発売

マツダ党の趣味人がフルスクラッチで「ロードスター」を作ると驚きの出来だった

マツダ新型「CX-5」の受注好調、月販目標の約4倍に

Text:LE VOLANT BOOST Photo:MAZDA MOTOR CORPORATION

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •