2017/03/20 18:50

専用ショールームがオープン!

ランボルギーニのクラッシック部門「ポロストリコ」が本格始動

Text:Yasushi HOSODA Photo:AUTOMOBILI LAMBORGHINI S.p.A.

ランボルギーニはこのほど、同社のレストア部門である「ポロストリコ」の専用施設をオープンした。

 

イタリア・サンタアガタ・ボロネーゼの本社施設内に建てられた新たなスタジオでは、350GTからディアブロまで、10年以上前に生産を終えたクラシック・ランボルギーニの修復と認証に取り組んでいる。クラシック・ランボルギーニ車に関する記録はアーカイブされており、スペアパーツの65%以上が供給可能となっている。

 

独自の車両認定証を発行

 

0315_Lamborghini-Polostorico_02

 

ポロストリコでは、世界中のクラシック・ランボルギーニオーナーからの依頼に応じてレストア作業を行う(輸送の手配も対応)。持ち込まれたクラシック・ランボルギーニ車は、6カ月から24カ月の時間をかけて、フルレストアされる。ここではさらに、クラシック・ランボルギーニ車の価値を維持し、向上させるため、独自の車両認定証を発行するという。

 

 

 

【関連記事】

ウラカンのイタリア警察仕様がデビュー

何がそんなに売れた!? ランボルギーニの2016年決算が絶好調

「ランボルギーニ・ウラカン」のアートカーが「アートフェア東京2017」に特別展示

Text:Yasushi HOSODA Photo:AUTOMOBILI LAMBORGHINI S.p.A.

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •