2017/03/16 18:50

初登場から約9年で到達!

スバルの運転支援システム「アイサイト」搭載車が累計販売50万台を達成

Text:H.Tanaka Photo:FUJI HEAVY INDUSTRIES Ltd.

富士重工業は16日、運転支援システム「アイサイト」搭載モデルの国内累計販売台数が、2017年2月に50万台に到達したことを発表した。これは2008年5月に日本で発売されて以来、8年10か月での達成となる。なお、2016年11月にはアイサイト搭載モデルの世界累計販売台数が100万台を記録している。

 

日本だけでなく世界が認めた独自技術

 

アイサイトは、世界で初めてステレオカメラのみを使い、自動車だけでなく歩行者、二輪車までを検知するプリクラッシュブレーキや、全車速追従機能付きクルーズコントロール等を実現したシステム。ほとんどのメーカーがレーダーか、レーダーとカメラを組み合わせてシステムを構築する中、ステレオカメラ単体ですべての制御を実現しているのはスバルのアイサイトだけ。ステレオカメラの高い認識性能は、他社にはないアドバンテージとなっている。

 

subaru_eyesight_001

 

アイサイトの予防安全性能については各国が高く評価。米国では、アイサイトを搭載したスバル車がIIHS(道路安全保険協会)の前面衝突予防性能試験において最高評価の「Superior」に認定。日本のJNCAPでも「予防安全性能評価 ASV++」に選定されている。さらに欧州のユーロNCAPでも最高評価のファイブスターを獲得するなど、第三者機関から高い評価を得ているのだ。

 

現在、アイサイトはVer.3に進化。高い認識能力を支えるステレオカメラの性能が更に向上し、運転支援機能もレベルアップを果たしている。

 

アイサイト搭載モデル累計販売台数(2017年2月末時点)

販売台数(アイサイト構成比) 

レガシー 11万65台(21.8%) 

インプレッサ 16万5156台(32.8%) 

フォレスター 10万7837台(21.4%) 

WRX 1万2602台(2.5%)

レヴォーグ 8万7187台(17.3%) 

エクシーガ 2万1017台(4.2%)  

合計 50万3864台

 

【関連記事】

【ジュネーブショー2017】スバル新型「XV」がワールドデビュー

スバルが米調査で「もっともランニングコストの低いブランド」に選出

スバル「レガシィ」がマイナーチェンジ! 内外装をリフレッシュした新型が登場

Text:H.Tanaka Photo:FUJI HEAVY INDUSTRIES Ltd.

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •