2017/03/12 18:50

これが最後のオペル・オリジナル?

【ジュネーブショー2017】オペル新型「インシグニア」、セダン&ワゴンが初公開

Text:Yasushi HOSODA Photo: ADAM OPEL AG

オペルはジュネーブショー2017で、フルモデルチェンジを受けて2代目に進化したフラッグシップモデルの「インシグニア」を初公開。流麗なルーフラインを持つ4ドアクーペスタイルの「グランドスポーツ」と、ステーションワゴンの「スポーツツアラー」が同時にデビューを飾った。

 

大幅な軽量化を実施

 

全長は4897mmと、ボディは若干拡大されたものの、徹底した軽量化策により先代より車重が175kg軽くなっている。エンジンは165ps/250Nmの1.5リッターターボと、260ps/400Nmの2.0リッターターボのガソリン仕様のほか、1.6リッターと2.0リッターのディーゼル仕様が設定され、8速ATまたは6速MTを組み合わせる。

 

0309_Opel-Insignia_02

 

新型インシグニアには先進の装備や技術が多彩に採用された。ヘッドライトにはマトリクスLEDの「オペル・インテリラックスLED」を導入したほか、運転支援システムではアクティブ・レーン・キープ・アシストを搭載。さらにヘッドアップディスプレイも備わった。

 

スポーツツアラーには最大で1665リッターの容量を持つラゲッジルームが備わるほか、ハンズフリー機能付きテールゲートが採用され、ユーティリティ性能が高められている。

 

オペルといえば、先ごろ発表されたPSAグループによる買収が話題だ。PSAグループはこれまでの親会社だったGMから総額2650億円でオペル(英国のヴォグゾールなどを含む)を手に入れる。これによりPSAグループはVWグループに次ぐ欧州第2位のメーカーとなる。今回発表した新型インシグニアは、オペルのオリジナルとして最後のモデルになるのかもしれない。

 

 

【関連記事】

【ジュネーブショー2017】ランドローバー×赤十字!? 新型「ディスカバリー」のレスキューカーが登場

ダイヤモンドを砕いて塗料に! ロールス・ロイスの公式カスタムがスゴすぎる

【ジュネーブショー2017】マセラティが「グラントゥーリズモ」「グランカブリオ」に特別限定車を設定

Text:Yasushi HOSODA Photo: ADAM OPEL AG

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •