2017/03/08 22:00

ベースは引き続きインプレッサ

【ジュネーブショー2017】スバル新型「XV」がワールドデビュー

subaru_new_xv_002

富士重工業は2017年のジュネーブショーで新型「SUBARU XV」を世界初公開。また、同時に日本において3月9日より先行予約を行なうことを発表した。

 

正常進化を遂げたXV

 

今回のフルモデルチェンジでは、従来型「スバルXV」の個性的なデザインや悪路走破性といった魅力を一層強化。新世代プラットフォームである“SUBARU GLOBAL PLATFORM”の採用で、世界トップクラスの衝突安全性能や優れたアクティブセーフティ、さらにドライバーの意志に忠実なハンドリング・快適な乗り心地を実現。先に登場したインプレッサともども、スバルの新世代を象徴するモデルとなっている。

 

subaru_new_xv_018

 

そのフロントマスクは従来よりも「ワイド&ロー」スタンスとなり、ヘキサゴングリルからシャープなホークアイヘッドランプに至る造形はより立体的に。また前述のグリルに加え、フロントバンパー上のマットブラックのクラディングによりSUVらしさ表現。持ち前のラギッドなキャラクターを強調したものとなっている。

 

新世代プラットフォームの効能で走りの進化も著しい。絶対的なパフォーマンスだけでなくステアリングやペダルからのフィードバック、車両の挙動、振動騒音等、動的な質感はトップレベル。

 

一方、13:1にクイック化されたステアリングギア比やアクティブトルクベクタリングなどでオンロードでの操安性を高めつつ、この種のSUVとしては220㎜と十分以上のロードクリアランスを確保する点も特徴のひとつ。また駆動はスバル自慢のシンメトリカルAWDだが、滑りやすい路面でエンジン、トラクション、ブレーキなどを最適に統合制御するX-MODEも採用。物理的な面だけでなく制御面でも悪路走破性に磨きがかかった。

 

パワーユニットは従来型の110kw(150ps)から113kw(154ps) にパワーアップされた新開発2.0リッター水平対向直噴エンジンに加え、日本仕様では従来型にはなかった85kw(115ps)の 1.6リッターエンジンも設定される。燃費は最高で16.2→16.4㎞/Lと経済性も着実に進化した。

 

また、スバルならではの運転支援技術、「アイサイト」は最新スペックのVer.3を全車に標準搭載。プリクラッシュブレーキ、全車速追従機能付クルーズコントロール、車線逸脱抑制といった最新レベルの予防安全・運転負荷軽減機能が提供される。

 

なお従来型はすでに1月22日を持って販売を終了。前述の通り、3月9日より新型スバルXVの先行予約が開始となる。

 

新型スバルXV主要スペック

全長/全幅/全高 4,465/1,800/1,550㎜

室内長/室内幅/室内高 2,085/1,520/1,200㎜

 

2.0i-S EyeSight 2.0i-L EyeSight

エンジン 2.0リッター水平対向4気筒直噴

駆動方式 AWD

トランスミッション リニアトロニック

最高出力 113kw(154ps)/6,000rpm

最大トルク 196Nm(20.0㎏‐m) / 4.000rpm

燃費 16.0~16.4㎞/L

 

1.6i EyeSight 1.6i-L EyeSight

エンジン 1.6リッター水平対向4気筒

駆動方式 AWD

トランスミッション リニアトロニック

最高出力 85kw(115ps)/6,200rpm

最大トルク 148Nm(15.1㎏‐m) / 3,600rpm

燃費 16.0~16.2㎞/L

 

 

【関連記事】

スバル・インプレッサ/XVがユーロNCAPでファイブスターに

スバルの新世代スポーツセダン「SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」を世界初公開!

JNCAPの2016年度結果が発表

subaru_new_xv_002

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事