2017/02/17 11:50

モーターだけで135km/h!

トヨタが新型「プリウスPHV」を発売

Text:H.Tanaka Photo:TOYOTA MOTOR CORPORATION

トヨタが「プリウスPHV」をフルモデルチェンジ、発売を開始した。車両価格(消費税込)は3,261,600円~4,222,800円。月販目標台数は2500台となる。

 

EV走行距離は68.2kmに

 

新型プリウスPHVは、大容量リチウムイオン電池の搭載により、EV走行距離を旧型の2倍超となる68.2km、EV走行最高速度を135km/hにまで高めるなど、モーターだけで走行できる領域を拡大。バッテリーがゼロになってもハイブリッド車として37.2km/Lの低燃費を実現している。また先進装備に加え、充電の利便性を向上させているのも特徴だ。

 

toyota_puriusu_phv_019

 

満充電までの時間は100V/6Aで約14時間、200V/16Aで約2時間20分となっており、急速充電(約80%まで)では約20分にまで短縮。長距離ドライブでのメリットを高めている。

 

また量産車世界初となるソーラー充電システム(メーカーオプション)は、最大約6.1km/日(平均で約2.9km/日)の走行分をまかなうことができるようになり、さらに充電環境が広がった。

 

外部給電機能も装備されており、「EV給電モード」ではエンジンをかけずに家電が利用でき、エンジンが作動する「HV給電モード」では、最大1500Wの出力でガソリン満タン状態なら2日程度の電力を供給できる。このためアウトドアで電気設備を使用できるだけでなく、災害時の電源としても活用可能になった。

 

エクステリアでは透明アクリル樹脂を採用した大型グリルや4眼LEDヘッドランプ、一本の赤いラインで繋がれたハイマウントストップランプとリアコンビネーションランプなど、普通のプリウスとはひと目で異なるデザインを採用。バックドアにはトヨタブランドとして初めて軽量なCFRP(炭素繊維強化樹脂)を採用している。

 

安全性能は衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を全車に標準装備している。

 

 

【関連記事】

トヨタGAZOO レーシング・カンパニーが放つ 新スポーツカーシリーズ「GR」とは?

トヨタがオーストラリアでの現地生産を終了

トヨタが新型センチュリーを初公開!

Text:H.Tanaka Photo:TOYOTA MOTOR CORPORATION

「ル・ボランBOOST」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

関連記事

  •